卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

卓球という迷宮に迷い込んだが、いつまでたっても地下1階をうろうろしていて、いっこうに下に降りられない記録

 4月の初旬、緊急事態宣言の合間を縫って県境を越えた。
 目的地は花の都TOKYO、の電気タウンAKIHABARA。
 最初に秋葉原を一週して1TBのSSDを買った。
 10000円を切ったら買おうと決めてから随分長い時間が経った。
 税込み9000円なので迷わず買う。
 久し振りにじゃんがらラーメンにも行った。
 こぼんしゃん全部入りをチョイス。
 なかなか美味しい。
 IMG_20210403_123534665









 
 秋葉原は思ったより賑わっていたが、かつて溢れるほどいた異国の人はほとんどいない。
 その代わり女性や子供の姿が増えた。
 秋葉原のラーメン屋に若い女性が1人でいても違和感が無くなった。
 再開発の名の下に古いビルが取り壊され、なじみのパソコンショップも随分減って景色が変わってしまった。
 それでもメイド喫茶の呼び込みは健在で、ござる口調の忍者喫茶は個人的にツボだった(行ったわけでは無い)
 家電の町でもパソコンの町でもオタク文化の町でも爆買いの町でも無くなり、メイド喫茶に代表される秋葉原のイメージだけが残った。
 ジャンクショップをハシゴした後そのまま神保町まで歩く。
 子供の頃は遠く感じた古本街も実は目と鼻の先だ。
 交通博物館跡地を抜けスキー用品エリアをすぎるとそこは懐かしい神田古書店街。
 古本通りは小学生の頃からあまり変わらない。
 三省堂の周りがすっきりしたのと、書泉ブックマートをはじめとしたいくつかの店が閉店したくらいだ。
 SFの専門店と懐かしいマンガを置いてある店を覗き、神田古書センターの前を通って芳賀書店、は素通り。
 神保町を抜けるとすぐに九段下。
 ここから東西線にのって高田馬場を目指す。
 電気の秋葉原、古本の神保町と並んで東京3大聖地の一角を占める卓球の聖地、高田馬場に向かった。
 行き先はもちろん?ワールドラバーマーケット。
 緊急事態宣言が開けてようやく店舗も再開したらしい。
 数ヶ月間セールが無かったのでB品ラケットやラバーがあるに違いないというのが私の読み。
 狭い階段を昇って目に入るワールドラバーマーケットの看板が既に懐かしい。
 中から複数の人の気配がするので混んでいるのかと思ったらスタッフ3人と客が1人。
 見ると店長の高橋さんと単さん2人とも揃っていて、初売りセール並みの陣容だった。
 単さんが嬉しそうに声をかけてくれて、やっぱり来て良かったとちょっと感動。
 今回高橋さんと色々話せたのがこれまた嬉しかった。
 自分から名乗ったことは無いのだが、ライブドアでブログを書いている人だとは知っていたらしい。
 ブログのことやWRMの近況など、2時間くらい話し込んでしまった。
 そうそう、私の読みは当たっていてB品ラバーがしっかりと用意されていたのだ。
 かなりのお買い得価格だったので、つじまるさんの分も含めて3枚も買ってしまった。
IMG_20210414_073631100









 だいぶ長居してしまったことを詫びて店を出る。
 本当は国際卓球に寄るはずだったが疲労からくる眠気に襲われて行くのを忘れてしまった。
 無駄遣いをしなくて良かったということにしておく。
 一日のスケジュールとしては盛りだくさんだったが、今まで行きたくても行けなかった場所へようやく行けて満足だった。
 そしてこの日から数日後、またもや雲行きが怪しくなり、マンボウ法なる見慣れない言葉が紙面を賑わすのであった。
 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回ピュアカーボンに貼って撃沈したGEWOのネオフレックス。
 7枚純木合板の紅双喜 博に貼って試した。
 フォアのeFT48はスポンジ硬度48度とは思えない柔らかい打球感で、ドライブ連打が安定する。
 硬いラバーだと力んですっ飛ばす場面でも、フニャッと包み込んで飛び出しを防いでくれる。
 その代わりサーブやツッツキがちょっと苦手みたい。
 スポンジ硬度からするともっと良さそうな物だが。
 パキッとした爽快感からはほど遠い。
 同じライトテンションならDNA FUTURE Mの方が良いな。

 対してバックに貼ったeFT40。
 こちらこそふにゃんふにゃんだが意外としっかりバックドライブが打てる。
 力が抜けている感覚はもちろんあるが、アグリットで慣れているので気にならない。
 プラクソン400より引っ掛かりもあるし、リズムテックよりさらに回転影響が無い。
 私のようにいざゲーム形式になると手首で弾いてしまうタイプには向いている。
 これぞ実戦向け初級者ラバー。
 ドライブも打てるしミートも得意。
 回転だってそれなりにかかる。
 ツッツキは、そういえばやっていない。
 まあ良い。
 今日の練習で妻と娘に歯が立たなかった私にとって唯一の収穫はこのラバーであった。
 ブルーストームz3、ラザンターV42、ヘキサーパワーグリップSFX、リズムテック、マントラS、そしてeFT40。
 気がつけば下へ下へと向かっている。
 このまま行ったらハモンドが待っているのではなかろうか。
 卓球を始めて最初に買ったラバー、ハモンド。
 人は年を重ねるにつれて子供に返っていくという、いや違う。
 どうせまた超高性能ラバーを使いたくなるに違いないという達観した諦観は良くないな。
 


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 巷で噂のライトテンション、GEWOのeFT48とeFT40を同時購入した。
 似たようなラバーでスティガのDNA FUTURE Mがあって、なかなか面白かったのでGEWOのも試してみたのだ。
 安いし。
 2枚買っても4500円くらいだったと思う。
 
 買ってすぐに使わなかったのは、どのラケットに貼るか吟味していたからだ。
 ちなみにFUTURE Mの場合、オールラウンド表記のスウェーデンクラシックに貼ったら全く弾まず、木材にしては弾みの強いUltimateOffensive2に貼ったら程よい具合になった。
 さてGEWOのラバー達だが。
 板厚の薄いラケットは打球感が好みでは無く、弾みの弱いラケットは多分ダメ、かといってアウターカーボンだと飛ぶばかりで回転がかからないであろう。
 散々考えたあげく虎の子のピュアカーボンに貼った。
 テナジー05とロゼナを剥がして。
 
 貼るときに気がついたのだが、eFT48って本当にスポンジ硬度48もあるのだろうか。
 ベロンベロンに柔らかい気がする。
 ましてやeFT40などぐにゃぐにゃのぐにゃだ。
 最近トリプルダブルエキストラなど硬いラバーばかり使っていたから感覚が麻痺しているのだろうか。あれなど垂直に持っても全く曲がらないからな。
 
 意気揚々とピュアカーボンに貼って練習に臨んだのだが、どうにもイカン。
 ラバーよりラケットで打っている感じで、スピードの強弱が難しい。
 軽く打ってもボヨンと飛んでいき結構スピードも速い。
 これはラケットとラバーの組み合わせによる性質なのだろう。
 恐らく回転影響は少ないだろうから何も気にせずガンガン振っていけば良いのだろうが、あまり速い球を打つ訳にはいかない相手だとそうもいかない。
 バックのeFT40はもっとラケットの影響を感じる。
 神経尖らせてスピードをセーブするのにいい加減疲れて来てラケットを替えてしまった。

 このラバーとこのラケットの組み合わせは無し。
 多分素材ラケット全般ダメだろう。
 手持ちのラケットだったら、UltimateOffensive2やVirtuoso offensive-、クリッパーウッド、博、ここらあたりか。
 どうしようかな、と考えるのが楽しいのだ。
 楽しいよね?


 DSC04862
    このエントリーをはてなブックマークに追加

20210407



    このエントリーをはてなブックマークに追加

 緊急事態宣言の合間を縫って練習会を行った。
 実に半年ぶりだ。
 家族以外の人と打つ機会も少ないので、かなり気合いを入れて練習に臨んだ。
 
 今回のテーマ
 ①同じラケットにトリプルダブルエキストラ(TDE)とキョウヒョウ3ターボオレンジ(ターボオレンジ)を貼って違いを調べる
 ②トリプルダブルエキストラをブラックバルサ5.0とカルテットLFCに貼って違いを見る
 ③UltimateOffensive2にDNAFUTURE M を貼って粘着とテンションどちらが良いか調べる
 ④最近練習中の技術を試す

 90分という限られた時間に対して随分と欲張ったテーマデアはある。

 ①受け手からTDEはターボオレンジと比較して球質が軽いとの感想。試しに受けてみるとTDEのドライブはスピードが遅く、硬くて球持ちが少ないので淡泊な印象。
 対してターボオレンジは一瞬食い込むので球に力が乗り圧力がある。
 ロングサーブのスピードを出しにくい所以外はターボオレンジの方が私には向いている。
 
 ②カルテットLFC+TDEは軽打では全く弾まない。
 ラケットが極端に薄い為かもしれない。
 ドライブを打つとオーバーが目立つ。
 とにかく手に響きすぎて打球感が悪い。
 すぐに試すのを止めてしまった。

 ③ライトテンションのFUTURE M とUltimateOffensive2の組み合わせはお勧めかも。
 弾みの弱いラバーだが、ラケットで程よくスピードが出るので丁度良い。
 相手のスピードや回転の影響が少ないのでブロックがとても安定する。
 ドライブ連打が安定するのも好印象。
 打球感も悪くない。
 ツッツキとかサーブとかは試していないので続きは次回に。

 ④今練習中の相手バック側へ下回転サーブからのフォアストレートドライブを試そうと張り切っていたが、相手のツッツキが当たり前のようにバックに来るので全く練習の成果を発揮できず。 
 良いことが分かったのでバック側にきた球を回り込んで打つ練習をすることにしよう。

 
 追記
 今までブログの更新告知に利用していたTwitterのアカウントを削除したのでご了承願う
 
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ