卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

卓球という迷宮に迷い込んだが、いつまでたっても地下1階をうろうろしていて、いっこうに下に降りられない記録

 大宮卓球主催の卓球講習会に久し振りに参加した。
 今回はNittakuの講師である事は分かっていたが、時吉選手だとは行ってみて始めて分かった。
 何だかとっても得した気分である。

 10時開始なので30分前には到着したかったが、それでは早すぎるという妻の主張に従ったところ、台は既に並べてあって参加者が自由に打ち合っていた。

 10:00になると前方に集合となり、運営側の挨拶の後いよいよ時吉選手の講習が始まった。
 最初はフォア打ちとバック打ちを教わる。


 手には力を入れないで体重移動で振る。
 相手の球が速ければコンパクトに振り、遅ければスイングを大きくしていく。
 硬いラバーでパンパン弾く大きな音がする割には球が浅い。
 バック打ちも教わって、後は各自で練習。

 その後また集められて今度はツッツキとツッツキ打ちドライブを教えて貰う。
 ラケットの先端を台に向けてつっつく。
 右足を前に出してツッツキをする。
 遠くに打ちたいときはネットと台の境目をめがけて打つ。
 ドライブは腕の力を抜き、バックスイングは大きくとってフォロースイングはコンパクトに。
 
 こうしてひととおり教わってまた各自の台で練習。
 妻とツッツキの練習をしていたら時吉選手が回ってきて、色々教えて貰った。
 左足が前になっているので右足を前にする。
 体が反っているので、もっと上半身を台に近づける。
 このとき私のラバーの裏面が気になったようで、何のラバーだか見せて欲しいという。
 貼ってあったヴェガアジアDFを見せたら、へえーという顔をしていた。
 
 最後はサーブを教わる。
 下回転サーブは思ったよりもバックスイングが大きく、打つ瞬間は止める感じだそうだ。
 台に戻って練習していると、今度は大宮卓球の方が回ってきてサーブを教えてくれた。
 台のバック側に踏み込んだ位置からサーブを打つと良いとアドバイスをもらう。
 その通りにやるとそれっぽいフォームになって良い感じ。
 録画したわけでは無いから実際はそうでもないかもしれない。

 
 そういえば休憩時間中に時吉選手に近づいて、フォア打ちの時の音からして粘着では無いかと質問したところラケットを見せてくれた。
 思った通りフォア面にはキョウヒョウが貼ってあり、聞くとまだ未発売のラバーらしい。発売が楽しみである。

 そんなこんなで講習会はあっという間に終了。
 実に有意義な3時間であった。
 ありがとうございました。


 
  

 STIGAのノスタルジックオールラウンドというラケットにマントラMを貼ったら、思ったより弾きが良すぎてもう少し落ち着いたラバーを探していた。
 そこで浮上してきたのが同じメーカーのエアロックM。
 今まで特殊素材ラケットに貼ったことはあった。
 弾みは申し分ないが、ツッツキや下回転サーブがポワンと浮いてしまってそこだけが不満だったこのラバー。 弾み控えめな純木5枚合板に貼れば、ラバー本来の性格が分かるかもしれない。

 というわけで
 ラケット:ノスタルジックオールラウンド
 フォア面:エアロックM
 バック面:マントラS
 をお試し。

 まずは軽くフォア打ち。
 ・・・・ベインベイン鳴って弾まない。
 間違えてマークVを貼ったかと心配になるくらい弾まない。
 練習相手の妻が粘着だろうと疑ったくらいだ。
 とにかくやりにくいと文句を言われるがこっちだって打ちにくい。
 エアロックMってこんなラバーだったんだ・・。
 
 お次はツッツキ
 引っかかると言うよりグニッと掴んで打ち出す感じだが安定して低く打てる。
 これはなかなか良い感じだ。
 回転はそれほどかかっていない気がするが、とにかく安定する。

 下回転サーブ
 これも良い。
 グッと回転をかける感触があって、しかも低い球を打てる。
 これも安定していて良い。

 ちょいと離れて対上回転のドライブ
 思いっきり打ってもスピードが出ない。
 何だろうこの感覚・・
 粘着が無くて軟らかいムニッとした中国ラバー?
 というより軟らかめの高弾性ラバー?
 
 特殊素材ラケットに貼ったとき不満だったところは全て解消され、良かったところが不満になるという逆転現象。

 これは好みでは無いなと諦めて、それでも一応最後に対下回転打ちドライブを試す。
 もともと得意では無いのでなんとも言えないが、特に打ちやすいとも言えない。
 打ち方が悪いのかとあれこれ試して見たところ、他のラケット(ラバー)ではオーバーしたりネットしたりしてしまう様な打ち方で打ったら低くて鋭いドライブが打てた。
 (脳内イメージ)一度ラケットを膝裏まで落とし、肘は直角に曲げたまま遠心力で振り上げ薄く擦り上げてフィニッシュは肘が目の前に来る打ち方。
 文章で書くのは無理がある。

 受けた妻によるとそれほど回転はかかっていないらしいが、打った側からすればループドライブの延長線上にあり、力を抜いた楽な打ち方。
 
 これは迷う。
 さっきまでダメだと思っていたが急に本命に浮上である。
 
 どうしよう エアロックM
 

 思わぬトラブル発生で集合時間ギリギリになった私と盈月さんリンさんの3人は、ノンビリ走る電車にヤキモキしながら新宿到着と共に西口目指してダッシュをかましたのであった。そういえば忘年会の時もナルコさんと全力疾走したっけ・・・

 うろ覚えの記憶を頼りに緑の窓口らしき所に到着すると、それっぽい若者の集団+αの姿が。
 しろーと会長 SHUNのアニキ 我ッ鬼ー教官 東山くん きしもん先輩とそうそうたるメンツを待たせてしまって申し訳ない思いでいっぱいだった。 
 そういえば一気に平均年齢が上がったという声が聞こえた気がしたが、気のせいかもしれない。

 時間も押しているのですぐさま出発。
 不思議なことに忘年会と同じ会場を目指しているはずが何故だが新宿駅から脱出できず、バスターミナルをうろうろしたり階段を上ったり降りたりを繰り返していると、なぜだかスタート地点に逆戻り。さすがコンクリートジャングル魔界都市新宿かと感心しきり。

 会場は前回に引き続きTORO。
 中に入るとこれまた前回と同じように若い男女の集団が楽しげに飲んでいた。
 この店の良いところはうるさすぎでも無くかといって静かすぎることも無く適度なざわざわ感があることと、料理の種類が少ないので迷う必要が無く味もなかなか美味しいこと。
 選べるパスタは前回のミートソースのようなものの方が美味しかった。

 そいえば今回は単なる飲み会では無く、お世話になったきしもんさんのお別れ会が名目になっていて、乾杯もそれっぽい感じで行って、後はいつものように楽しい宴。

 何の話をしたっけなあ・・・・

 SHUNさんとはロゼナの話とテナジーの話、王道的な練習をしようとかそんな話だったか。
 楽しかった記憶はあるが、酒が入るとあまり覚えていない。

 そういえば人数が1人足りないのできしもんさんの知り合いの(若い)女性が参加してくれて、キリリとひきしまった我ッ鬼ーさんの顔を初めて見たっけ・・
 
 例によってあっという間に終電近くなり、慌てて駅に向かう私たち。
 今回は宿泊で神田駅で降りる盈月さんを無事ホームまで案内するという大役を果たし、飲み過ぎて朦朧とした頭の私は何とか無事終電に乗ることが出来たのであった。


IMG_0197 (1)
  











 飲み会終了後の記念撮影 

 そんなこんなでようやく練習開始。
 まずはリンさんと軽くフォア打ちして後はバックの打ち合い。
 いきなり変化系表を使うとおかしくなりそうなのでとりあえずはフォア エアロックM バック マントラSを使用。
 4人台なので盈月さんと椎茸さんがすぐ横で打っているのだが、アンチ対粒高の壮絶なナックル合戦をしていて「落ちるー」とか騒いでいる。
  
 分かっていたことだがマントラSの弾きの良さは特筆もので、回転影響の受けにくさもあってパンパン弾くことが出来る。シートがしっかりしているのか軟らかいラバーにありがちなグニャグニャ感はまるでなく、それでいて引っ掛かりもあるのでホント良いラバーだ。
 そのかわりロゼナやアグリットと違ってバックでのドライブは難しい。
 食い込みを感じる前に飛んで行ってしまうので、おっかなびっくりの気弱なスイングでは不安定になってしまう。

 30分ほどリンさんに相手をしてもらった後は初椎茸さん体験。
 最初は普通に返せるなと思ったら裏面は裏ソフトだった。
 椎茸さんはフォームを確認しながら丁寧に打つ人で、真面目に練習に取り組んでいるのだなと感心した。
 粒高で打ってもらうとなるほど粒高の球だ。詳しくないのでそれ以上は何も言えない。
 試しにこちらもナックルで返球しようと何度も試みたがネットにかかるばかりであった。
 15分くらいしか出来なかったので、次回は全面使ってもっと打ってみたい。あるいは打たれてみたい。

 最後の15分は盈月さんと。
 ここでせっかくだからと388C-1にチェンジ。
 粒高や一枚ラバーの使用感を思い出しながら、面を被せないようにして力を抜いて打つのが一番良い球になる。とにかく力むとダメなラバーだ。
 ラケットがコルベルでスピードもあまり出ないが、裏ソフトだとできないようなブロックや勢いを殺した球が打てるのでこれはなかなか良いのかもしれない。
 盈月さんのハンドソウ&アンチ&1枚 対 変化系表のナックル合戦も楽しかった。
 もっとも少しでも浮いた球を打つとバチッと打ち込まれたが。

 1時間はあっという間に過ぎ次の飲み会へと向かうことに。
 車で来ていた椎茸さんから駅まで送ってくれると優しいお申し出があり、遠慮無く甘えさせて頂くことになった。

 車中も楽しく会話が弾み、駅のロータリーでお礼を言って車から降りたとき、まさかの秀樹 

47693501_234083970801314_8834862834019260210_n





















いや悲劇が我々を襲った。
 詳しい話は出来ないが、別の場所まで誘導されて数人の警察官に取り囲まれ、運良く車外に逃れた私以外は外に出ることも許されず、結構な時間拘束された。
 椎茸さんが暴れ出さないかとヒヤヒヤしたが、若い頃とは違って自制が効くようで(勝手な想像)、警察官の胸ぐらを掴んだまま車を発進させて引きずり回したりするようなことは無かったのでご安心頂きたい。
 
 20161018033426









 警察官を引きずり回す椎茸さんのイメージ

 
 椎茸さんと別れを告げ、貴絽 盈月 リン の3人は飲み会へ参加するべく新宿へと向かった。

 続く
  

 卓log会の定期練習会に参加した。
 飲み会は新宿と早々に決まったが、肝心の練習場所が難しく、台数がそこそこあって夕方から空きそうな武蔵野総合体育館に賭けることにした。
 メンバー内最底辺プレーヤーの私としては若者たちに一矢報いるべく、嫌がらせのような変化系表388C-1を用意して意気揚々と乗り込んだのだった。

 16:00現地集合で盈月さんとはすぐに合流。受付で申し込みをしているとリンさんもいつの間にやら背後に。
 既に台が埋まっている上にかなりの人数が順番待ちをしている。
 順当に行って18:00くらいになるらしい。
 卓球場を見に行くとファミリーや子供達が楽しく遊んでいて、卓球人気が出て良かったじゃんと強がりを一つ。
 
 当日キャンセルが相次ぎ練習参加メンバーは4人となったが、4人目の椎茸さんの到着が遅れている模様。どちらにしても台は空いていないのでゆっくりきてねとメッセージを送ってもらった。
 台が空くまで3人で卓球トーク。
 聞けば盈月さんはハンドソウにアンチ+表1枚で調整中だそうで、前回会ったときは確かテナジー25で調整していたはず。FXだったかな?
 
 17:00を回っても台は空かず椎茸さんも現れない。
 卓球の話ならいくらでもあるが、練習時間を考えるとそろそろ空いて欲しいなと思っていたら、椎茸さんが到着とのこと。
 リンさんと正面受付まで迎えに行くが、そういえば誰も椎茸さんの顔を知らない。
 年齢と戦型から推測して、枯れた雰囲気を醸し出す年配の男性を想像して辺りを見回すがそれらしい人がいない。
 以前あった「ニセきしもんさん事件」を思い出して慎重になっていたが、スマホになにやら打ち込んでいる男性がそうかもしれないとリンさんが声をかけると当人である事が無事判明した。
 リアル椎茸さんは思っていたより若々しい人で、昔はやんちゃしてましたが今はもっとやんちゃしてます的な香りがぷんぷんしていた。
 
 相変わらず台が空かないので今度は4人で卓球TALK。
 椎茸さんはペン粒の人だがあれこれ用具を試している人で、同じような異質系の盈月さんとマニアックな話で盛り上がっていた。貴絽さん大人しいですねと言われたが、粒高やアンチの話題では会話に入れない。
 それよりせっかく変化系表を用意したが、まともなシェーク裏裏など1人もいないし、若者どころかリンさん以外みんなオッサンや・・

 18:00近くになってようやく1台空いたとのこと。
 もう一台空くのを待とうかと悩んでいたら受付の女性から「混でいるのだから4人で打って下さい」と容赦ない一言。散々待っていた我々に対してそりゃないでしょ、と文句を言いたくなったが大人なのでそんなことは言いませんとも。
 そそくさと着替えして卓球台へと向かった。

 後半へ続く


  

このページのトップヘ