卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

卓球という迷宮に迷い込んだが、いつまでたっても地下1階をうろうろしていて、いっこうに下に降りられない記録

 ①練習をしていて上手くなったような気がすると、もっと高性能なラバーが欲しくなる。台に収まっていたのは扱いやすいラバーで身の丈にあっているはずなのに。
 もっと早いラバーを貼る段階にきているのでは。スピードの出るラバーを貼ったら気持ちがいいに違いない。そう思うと今まで使っていたラバーが物足りない ような気がしてくる。フォアのラリーもまともにできないのに。
 ②そしてスピードのでるラバーに貼り替えると、案の定扱えずラリーも続かなくなる。フォームがおかしくなり(フォームが固まっていないので)気分が沈んでくる。
 もっと弾まないラバーにするべきなのだ。 
 そう思い始めてカタログやネットでラバーを探し出す。何を買おうか迷っているのは楽しいので夢中になる。
 ③それほど弾まないラバーを買う。

 ①に戻る


このループは何度も繰り返している。 

 ワールドラバーマーケットの動画とTAKZINEを見ている内に、レシーブが出来ないのはラバーのせいではないかと思い始める。弾みすぎるラケットとラバーが良くないに違いない。動画を見ているとどんなすごい回転の球も返せそうな気がした。
 一度欲しくなるともうこれでなくてはならない性分なので、初めてWRM高田馬場店へ行き購入。
 買ったばかりのPOWER GRIPを剥がすのはさすがにためらい、ネットで探した安いラケット TSP セクションを購入し、しまってあったUQとBOMBARD極薄を貼る。

 フォアで打つと、一枚ラバーのような木で弾いたような音と感触。飛び出す心配は無いが持って行くように打たないと相手コートまで届かない。バックはなおさら飛ばない。
 サーブは回転がかかる。
 良かったのは押し出すように打つとナックルになるので、粒高相手に回転をかけないように出来ること。妻が当時粒高を使っていたので、バックでナックルを打つと返しにくそうにしていた。

 ツッツキで点が取れるとか、レシーブがやりやすいとか、実際そうなのだろうが、まともにラリーも出来ないうちに貼ってもあまり意味が無い。
 このラバーも気に入った方だが、やはり後でペン用にカットしてしまいシェークでは使用不可に。
  10)

 とにかくドライブを打ちたい その思いばかり強くなりすっかりおかしなフォームになっていたこの頃、ワールドラバーマーケットでぐっちい氏がRASANT POWER GRIP(RPG)の動画を投稿していた。

 なにしろすごい回転がかかるらしい。すごい回転のドライブも、切れた下回転も思いのまま。
 このラバーを貼ればすべて解決するに違いない。 

 そう思い込んで、もらったばかりのボーナスを握りしめ、大宮卓球に駆け込む。
 
 赤 1.7mm と接着シートを購入。 
 ハモンドをはがしてRPGを貼り、玉突きをしてみると確かによく回転がかかる ような気がした。

 実際使ってみると、サーブの時など今までと違い回転がかかる。
 肝心のドライブは、打ち方がなっていないので全くだめだが、重くて硬い感触がとてもよい。これ以降買うラバーも硬いラバーは感触が好きなラバーが多いので、性能の善し悪しはわからずとも、硬いラバーを買うことにしようと思った。
 前陣からしか使用したことはないが、よく弾むラバーで、音もよく、思ったところに打ち込める 今でも使いたいラバーである。

 例によって大して使わないうちに剥がしてしまい、つけたり剥がしたりを繰り返した後に、マイペングリップブームの時にカットしてしまい、もう使えないラバー入りしてしまう。
 本当はもう一度使いたいが、同じラバーを買うのは損な気がして躊躇している。

 もっとうまくなったら買おう
21)



 

  

 黒 2.0

  ドライブをどうしても打ちたく、カタログを見て誰でも打てばドライブを打てそうなVENTUSに決める。

  ORCという技術でどんな人でもドライブが入るような そんな書き方がカタログにしてあった。

  クリスマスプレゼントに買ってもらったこちらを、夏に買ったばかりのスペクトル21スポンジと貼り替て使用。(このときうまくはがせずペクトル21スポンジがぼろぼろになってしまい泣く泣く処分した) 

 このラバー使っている人が少ないのか、いまいち情報がない。TSPのカタログでは1番押しているふうなのに不思議であった。

  フォアでの使用感 (ラケット SWAT バック面 ハモンド)
 ふにゃふにゃとして柔らかく、打っている感触がまるでない。打ち方が悪いのだろうがすぐにオーバーしてしまう。基本が全く出来ていないのでドライブができるかどうかなど以前に、フォームがよりヒドくなり普通に打っても台に収まらない状態に。勝手に弾んで飛んで行ってしまうラバーだと思った。
 ちなみに妻(卓球経験者 ペンホルダー)は使いやすくて回転もかかると言っていたので、普通の人には使い易いラバーなのではないかと思う。

 すぐにいやになったが、ラバーはいいはずだと思い、その後何度も貼ってみたがやはり柔らかい頼りない感触がどうしても好きになれない。一時期ペングリップにしたとき、カットしてしまいもうシェークラケットでは使えない。
  38)
 

 順番が上下するが、
 
 最初に買ったラバーその1。赤 厚

 思いっきり打つといい音がして、結構なスピードで飛んでいった ような記憶。
 軽くて使いやすかった のではないかなと。

 回転がかからないと思い込んで、はがして娘にあげてしまった。
 手入れも何もしていなかたので、あたりまえかも。

 娘はぼろぼろになるまで 使い込んでいた。
 
 もう一度使ってみたいが、また買うのもねえ という 位置づけ。
00) 

このページのトップヘ