下回転に対するドライブができずいい加減嫌になっていたが、とても簡単なコツを掴んだのでメモ代わりに記しておく。これは例によって勘違いの可能性も高い。(打ち方を変えたからできたのか、用具の力なのか判別しにくい)
 これはあれこれ試してどうしても出来ない人に多少なりともヒントになればと思う。

 まずループドライブでの返球はこの動画を見たら急に簡単にできるようになった。 スイング後ラケットを頭の後ろに来るように真上に振ると、回転がかかった山なりの返球が出来る。(細かい所は省略している)
 その後いつもの様に45度くらいの角度で力を入れて打つと、ネットしたりオーバーしたりする。
 試しに腰を思い切り落とし、目線の高さが台の高さになるつもりで構える。
 そのままいつもの様に打つと、ほぼ100%台に収まるようになった。
 腰が低いと打球ポイントが頭の近くの高さになる事が良かったのか。理屈は分からないが効果はある。
 重心を落としているためか連打しても体勢が崩れないのも良い。欠点は疲れることくらい。
 下回転打ちでネットしてしまう人は、重心を落として悪いことはないので試しても良いかも。