卓球に関する情報として大きく2種類あるとしたら、技術と用具に分けられる。そのうち今回は用具に関してである。
 例えばネットで気になるラバー名で検索したとしよう。レビューのページとメーカーのカタログ ショップのページの他に、質問コーナー?(YAHOO知恵袋など)が結構な割合でヒットする。
 たいてい中学生?と思われる質問者が「今○○○を使っていて、今度貼り替えようと思うのですがxxと▲▲ならどちらが合うと思いますか ボクは ワタシは県大会出場レベルです」などと質問して、経験から来る回答や一般論の回答やたまに厳しい回答が得られるのだが、一般的なメーカーのラバーに混じってWRM(ワールドラバーマーケット)特注のラバーに対する質問が多いような気がする。
 
 なぜWRMのラバーを使う中高生(だけではないが 自分もそうなので)がいるのか。通常のショップやメーカーカタログから選択せず、1ショップのみの扱いであるWRM特注ラバーを使う人がいるのか。ここにどのようにして情報を取っているのかを知るヒントがあるように思う。
 もちろん詳しい人が身近にいて勧められるままに用具を使用している人も大勢いるだろう。そのような環境にない人に関する話である。

 メーカーを超えてラバーやラケットの評価や比較をしている媒体としていくつ思いつくだろうか。書籍としては卓球王国と関連ムック ネットではWRMのブログ 卓球王国の試打動画 他にはショップのレビューや個人のブログぐらい。(個人のブログやレビューがとても参考になることはいうまでもない)
 特にWRMのぐっちぃ氏のブログは自社で扱っていない用具も含めて精力的に試打の感想 比較を記載してくれるので頼みにしている方も多いのではないだろうか。(もちろん自社の用具は動画付きでより詳しく紹介するのは商売なので当たり前のことである)
 これを他はやっていない。卓球王国の記事 動画も何度も繰り返し見るくらい楽しく為になるのだが、扱いアイテムが少ない。ムックの卓球グッズはバックナンバーを買うくらい好きなのだが、年に1回の発売である。必然的に、かなりの情報をWRMを通して得ることになる。
 
 前提の話に戻る。
 なぜ中学生が用具の情報を求めるのか 。
 卓球という競技をする上で、用具の占める割合が他のスポーツより大きいからだろう。
 テニスならラケットとガットだろうが、ガットによって回転が反転したり、極端にぶっ飛んだりしない
 サッカーならスパイク? スパイクによって特別速いシュートができるのはコナンくらい
 ゴルフはクラブによる性能の違いが大きそうだが、中学生が部活でやる機会は少なそうだ 
 野球はバットとグローブ?そんなこと気にする前に練習しろと怒られるだろう

 卓球はプレースタイルが変わるくらい用具に影響される。
 これほど用具の影響力が強いのに、メーカーを横断した情報が少ない。
 個人個人の経験の積み重ねがネット上に蓄積されているだけだ。
 自分に直接必要な情報は質問という形式が一番適しているので、必然的に質問スタイルになるのだが、使う人の技術レベルによるところが大きいので明確な回答はむずかしいであろう。

 中学生も必死なのだ。少ない小遣いで買うのだから失敗はしたくないはず。 そうした中学生?の舌足らずな質問に優しく詳しく答える方々には頭が下がる。

 今現在、個人では出来ない広範囲な用具情報を提供しているところは非常に少ない。
 もしWRMが方針を変更して、ぐっちぃ氏が自社製品の紹介しかしなくなったら。
 もし卓球王国が部数減で書籍の販売をやめてしまったら。
 どこから情報を得れば良いのだろうか。

 毎月卓球王国を購入し、関連書籍も買い、WRMのラバーを ことあるごとに買っているのは、そうならないように少しでも売上げに貢献したいからで、これは無駄使いではないとしておこう