もちろん大人初級者向けの話である。 中高年になると反応速度も鈍り、足腰も弱まり、体から少し遠くに球が行くと手を伸ばすだけで体が動かない。気持ちばかり先に行って体はたいてい置いてけぼりだ。

 もっと腰を落とせとは言われていた。自分では落としているつもりだったが、腰が高いと言われる。
 自分が思っているほど腰が落とせていないのかもと思い立ち、卓球台の高さに目線がいくくらい腰を落としてみる。すると球の行く方向がよく分かり、足がすでに踏み込んだ状態なので素早く前後左右に動ける。まあ、動けるだけで上手く打てないのは仕方が無いが、少し光明が見えた感じだ。

 欠点はとっても足が疲れることだ。 素早く動かなくてもいい方法を考えた方がよいのかもしれない。