買ったばかりのVICTAS V>15ExtraをカルテットLFCに貼ったらまるで扱えず、違うラケットに貼り替えてなんとか使えるようにしたいと考えた。
こういうときに頼りになるのはスワットである。
スワットに貼っておけば間違いない。
ついでに同じくカルテットのバック面に貼ったが性能がよく分からないエボリューションFX-Sもスワットのバック面に貼る。
軽く打ってみたがカルテットに貼ったときとは違い、ラバーの感触が感じ取れて良い感じである。
はやく使ってみたい。

その後どういうわけかキョウヒョウを使いたくなってきた。
最近たまたまWRMの動画で粘着ラバーの動画を続けて見たためだろうか。
再び粘着への意欲が高まる。
手元にあるキョウヒョウは狂飈3-50 ネオ狂飈3 ノーマル狂飈3 ネオ狂飈2。(全て使用済み)
エバンホルツが97gと重いので、50gオーバーのネオ狂飈3はつらい。
軽いネオ狂飈2を考えたが、買ってから日がたつので粘着がだいぶ落ちているのと、ラバーが反り返っていてラケットに貼りにくそうなのでパス。
結局ノーマル狂飈3を貼った。
それでも185g以内に抑えようとするとバック面はかなり軽くなくてはならない。
42か43gが理想だが、その重さで最新のラバーというのはあまりない。
以前貼ったレガリスレッドが39gと軽量なのでこちらを選択。

こちらも使うのが楽しみである。

追記
最近JUICのクイック&イージーを使用しているのだが、注ぎ口が狭く目詰まりをおこす。
つい力を入れてしまい液をまき散らしてしまった。
以前はそれでジャージとバッグを駄目にして、今回はお気に入りのジャケットとTシャツが犠牲になった。
一度服に付着すると洗っても擦っても落ちない。
落ち着いてからニッタクのファインジップについて書かれたページを見てみたら、完全に乾くまで水で濡らすな と書いてある。繊維の奥まで入ってしまうからだそうだ。
今更遅いよ、散々濡らして擦ってしまったもの。