ループドライブを打とうとしても、なぜか弾いてしまう。
 そんな時、肘を曲げたまま下方に引き下ろし、そのままの肘の角度で上に擦り上げると良い感じに回転がかかることが分かった。
 ただ、その時のラケットとボールの位置関係なのだが、下図の様に球が通過していくのだと思う

BlogPaint







 私の場合は違っていて
 BlogPaint







 このように縦に転がすと良く回転がかかるのである。
 卓球書を見るまでもなく、自分でもこれは違っているだろうというのは分かる。
 もう少し検証して、通常のループドライブができるまでの一過程にするか、自分のオリジナル技として追求していくか考えたい。