卓球教室の最終日。
 1台に1人先生がいるという贅沢システム。 
 主にバック打ちの練習をした。
 女性でペンの先生で、私からしたら結構早い球が最初から来る。
 バックのヴェガアジアDFはぐっと掴む感覚が強く、上方向へ飛ぶ。
 面を被せていないとオーバーしてしまうが、そこさえ気をつければ安定して打てる。 
 緩急もつけやすく、早くアップテンポのラリーの最中にスピードを殺した球を打つことも、相手の勢いを利用して手首のスナップだけで速い球を打つこともできる。
 これはラケットのアルバの性能が影響している可能性もある。
 ただしターゲットアルティマ47.5と比較するとスピードは遅く、山なりになる。
 今日の練習のようにワンコースの練習だと物足りないが、試合形式になれば また違った印象を持つだろう。ツッツキの練習もしたが、少し食い込むのを意識すれば早く直線的な弾道のツッツキを打てる。
 普段これほどピッチの速いバックラリーはしないので、ヴェガアジアDFがキンキンといい音を出すことに初めて気がついた。ミートすると気持ちが良く、ドライブもやりやすい。
 これから様々な技術を習得したいなら、ヴェガアジアDFはおすすめである。