卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

2015年12月

 卓球屋の4割引で購入。粘着ラバーを使って回転をかけることに挑戦する上で、一番粘着ラバーに合いそうと言うことで購入。もっとお手頃で使い易いラケットもたくさんあったが、どうせ最後には一番いいラケットが欲しくなるだろうと言うことで選択。
 ラケット表面は想像と違って光沢がない。もっとつやつやしている物だと思っていたがくすんでいた。
 重量97gはずいぶん重い。片面に粘着や最新のラバーを貼ったらもう片面は相当軽いラバーでないと重くなりすぎてしまいそう。
 説明通りラケットコートを塗る。2回塗ったらまだらになってしまった。
 嬉しくて箱も捨てられない。

 1日使った感想

 フォア面 NEOキョウヒョウ3
 バック面 RISE

  打球音がとても良い。うっていて気持ちがいい音と感触がある。病みつきになりそう。
 グリップは細めだが気にはならい。ただ指に当たる部分のエッジが鋭くすこし痛い。削る必要があるのかもしれない。
 P_20151201_213140 (1) 

 表ソフトにはスピード系 回転系 変化系と種類が分かれるそうだが、使うだけなら一通り使ったことがある。今回の話は変化系の話だ。
 以前日ペンの裏面打法の練習をしていた時、なぜかピンプルミニを選んでしまい、使いにくさに驚いたことがある。ペンの裏面は台と平行にするのは容易だが垂直にするのは難しく、裏ソフトのように少しでも被せてしまうとネットにかかってしまう。裏面打法には向かないラバーであった。
 
 先日妻がシェイクに転向するにあたり、バック面にアタック8を選択。ただでさえ慣れないシェイクのバック面が変化系表なのだから推して知るべし。だいぶ苦戦している。
 借りて試しに打ってみたところ、案の定ネットに直行。裏ソフトに慣れているとまず入らない。変化系表には変化系表の打ち方があり、それを練習することが必要なようだ。バック表の動画も参考になるかもしれない。
 参考として妻に紹介した動画

 アタック8の色んな打ち方 - YouTube

 

 アタック8〜上回転をバックハンド〜 - YouTube

 

 アタック8のブロック - YouTube

 アタック8のプッシュ - YouTube

 アタック8フォア前流し - YouTube

 相手を金縛り】388C-1

 
変化系表は強いドライブがきたときに左右に振って弾き返すのに向いている。返ってくる球はほとんどナックルなので相手は返しづらい。逆に弱い球がきたときには打ち返すのに苦労している。自分から強く押し込まないとスピードが出ないからだ。普通に弾いてしまうとネットしてしまう。
  速い球がバックにきたら前後左右に打ち分けて揺さぶり、甘い球がきたら回り込んでフォア強打。
 使いこなすには時間がかかりそうだが、物にすれば効果のありそうなラバーである。

 






 少年ラケットじゃないよ。

 きっとあると思っていたネットショップ卓球屋の40%引きセール。 前回はカルテットとニューアンチスピンを購入したが、今回もラケットを狙っていた。
 手持ちのラケットは入門向け5枚合板 7枚合板 インナーとアウターに特殊素材の入ったタイプ 厚目の5枚合板 反転式で中国式と日本式の両面使えるペン 足りないのは表面が硬い木材の薄くてしなる5枚合板だな と思っていた。何しろ回転をかけたいのである。粘着ラバーを使いたいのである。きっと上手くいかないのはラケットのせいなのである。
 ということで、当初馬林エキストラオフェンシブを購入しようと思っていたが、どうせいいのが欲しくなるので、STIGAのEVENHOLZ NCT Vを注文。 
 あらかじめWRMのセールでNEOキョウヒョウ3を購入してあるので、 これを貼ってごりごり回転をかける姿を妄想中なのである。
 おっと、言われなくともわかっていますとも。弾みすぎてコントロールできないとか、回転をかける前に飛んで行ってしまうとか、きっと言い出すに違いないと。
 
 妄想の中ではスゴいことになっているのである。それでいいのだ。使って現実を知るまでは楽しむことにしているのだ。 

このページのトップヘ