卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

2016年12月

ツイッターを見ていたら、卓球王国編集部のゆう氏がJUICの福袋がお買い得と書いている。
慌ててみてみたら確かに元値からするとお買い得だ。
ラケットはワラックなど新製品3つの内から選べ、ラバーもターゲットプロ、そのほかにラバークリーナーとクイックアンドイージーが入って10000円。
カブリオレというラケットは聞いた事が無いが、インナーカーボンタイプとアウタータイプ両方から選べる。20000円オーバーの定価は高すぎる気もするがどうなのであろう。

買ったかどうかって?

話の流れから察してください。
 

 予想以上にかっこいいデザインと、オプションで入れてもらった文字の仕上がりの美しさ、思ったより早く手に入ったことに対して気持ちを伝えたく、メッセージを送った。

 I was able to receive the racket I ordered.I am satisfied with the wonderful finish.I am looking forward to using it.Thank you.

 私は注文したラケットを受け取ることができました。素晴らしい仕上がりに満足しています。私はそれを使用するのを楽しみにしています。ありがとうございます。

 と書いたつもり。 
 返事は来なくてもいいやと思っていたが、ちゃんときた。

 Hello, we wish you many winning points with it.
 
Best Regards,
 Laszlo Peli
 co founder
 marketing director

 こんにちは、それでたくさん勝ち点をとることを願っているよ。

  宜しくお願いします、
 ラズロペリ
 共同 - 創設者
 マーケティングディレクター





また買いたくもなろうというものだ。
 

 早速中を開けるとシンプルな段ボール箱にラケットが入っている。
 ラケット本体の他にデータシート 使用した木材の切れ端 OSPロゴのアイロンシートが入ってる。
 データシートを見ると重量88.8g 板厚5.69mmとのこと。

 そして肝心の本体だが、グリップが想像以上にかっこいい。そして触るとスベスベしていて気持ちが良い。使うのが勿体ないくらいである。飾っておいてもいいかも。
 メールでやりとりしたオプションの文字も注文通りで、まるで最初からそのようなデザインだったかのように馴染んでいる。
 
 ラケットは道具なので、使ってみて評価するべき物だとは分かっているが、海外のメーカーから直に購入したということもあって所有する喜びが大きい。
 使わないうちから何事かと言われそうだが、 他のラケットも欲しくなってきた。
 
 オプションで文字を入れられることもあり、卓球好きの人へのプレゼントに最適では無かろうか。
 ospシートosp全部ospコニックosp netinosp箱の中

 注文したOSPのラケットは12/25に成田へ到着し、12/26に税関を通り業者へ委託したとのこと。
 そして12/27つまり本日家へ届けられた。
 最終的にはゆうパックに委託したらしく、直接FedExからの受け取りでは無かったが、かえって良かったのではないか。
 12/16に注文して、オプションのやりとりをして、12/27に手元に届いたのだから予想よりかなり早い。
 かなりコンパクトな梱包で軽い。
 あまりにも軽くて中が入っていないのではないかと不安になるくらいだ。 
OSP袋 



 私が妻からもらったクリスマスプレゼントは、以前から読んでみたかったこの本だ。
 読んでみたかったはずなのだが、題名が恐ろしすぎて購入をためらっていたのだ。
 無駄な練習って、私の事?

 練習の度どころか、練習中にラケットを何本も替えたり、自分に合っている用具の組み合わせが見つかると安心して他の組み合わせをしたくなったり、ペンにしたりシェイクにしたり、粒高や粘着や昔のラバーを試したがったり、思い当たるところばかりだ。
 まだ前書きの、しかも途中までしか読んでいないが、当たり障りの無い事なんて書かないぞ、という気構えが伝わってきて、仕事で疲れた頭にはちょっと癒やし成分が足りない本のようだ。
 なかなか面白そうではある。
 きちんと読んだら感想を書くかも。
 
 



 オプションのやりとりが終わってからは、ステータスが Payment accepted(支払い受け入れ)  から変わらず、これは1月くらいかかるなとゆったり構えていたら、配送を担当するFedExからメールが届き、集荷が完了し出荷しますとのこと。12/28には届くらしい。
 メーカーのページは相変わらず Payment accepted  なのでノンビリしているなあと思っていたら、Table Tennis Pingpong Equipment Shopからメールが届き、In Transit(輸送中)と書いてある。慌ててステータスを確認したらShippedに変わっていた。
 思ったより早く手に入りそうで嬉しい。
 
 さて何のラバーを貼ろうか。 

 特殊素材ラケットのカルテットLFCに貼ったV>15Extraが速くて使いこなせず、たいていのラバーを受け入れてくれるスワットに貼り替えた。
 カルテットの時は軽打の時から飛び出しの速かったV>15も、スワットに貼ると普通のラバーになり、扱いにくさが緩和されている。
 ツッツキが浮くことも無く、低い弾道で回転もかかる。
 下回転サーブもきっちり回転がかかり、制御できないと言うことは無い。
 裏面に貼ったエボリューションFX-Sも、おおざっぱに言えばヴェガアジアDFに似ていて、食い込ませてコントロールしやすく、回転もスピードも申し分ない。
 
 ただし、下回転打ちになるとラバーの硬さが顔を出し、私の力では上手く打ち返せない。これに関してはターゲットアルティマ50に似ている。弾いてしまってネット直撃かオーバーを連発。
 あきらめて表面と裏面を入れ替えて、エボリューションFX-Sで打ってみる。
 すると面白いように入る。
 少なくとも下回転打ちに関して言えば、ラザントグリップ、テナジー25FXと似た系列に感じる。
 打ち方の問題なのであろうが、私には軟らかめのラバーの方が適しているようだ。

 久し振りにスワットを使用して気がついたのだが、打感がトランポリンに似ている。
 球を受け止めると一度力を吸収してから復元する力で弾き返す。
 特殊素材は硬い板のイメージで、どこに当たっても吸収せずそのまま反発する。

 強打の時はまた違った感想になるとは思うが、 スワットの扱いやすさを再認識した。

 ナルコさんのブログを見ていたら急にWRMに行きたくなり、高田馬場へ。
 早く着いたので国際卓球で卓球王国を買う。
 輝龍は売っていなかった。
 一応本日のテーマは、V>15Extraの替わりにカルテットLFCに貼るラバーを買うこと。
 まあ、趣味の世界なのでそれほど真剣では無いが。
 WRMは他にお客さんは1人だけで、スタッフの方と今度取り扱うOSPのラケットの話や、ブレードやグリップの形状の話をした。
 肝心のラバーは水星2ブルースポンジが良いような気がしたが、あえてノーマルキョウヒョウ2を購入。
 理由は重量が軽めなのと、WRM性能表でスピード遅く、引っ掛かり 球持ちに優れいてる位置づけのため。弧線はラバー、スピードはラケットで出す筋書きだ。
  正直使う前から駄目そうな気配がぷんぷんする。
 早く試したいが、裏面に貼るラバーを決めないといけない。 
 さて何にしようか。
  

私のブログでそれなり読まれているのは用具の記事で、題名に惹かれて実際読んで、内容のなさにがっかりしている姿が目に浮かぶ。こういった記事は検索で引っかかるのか、古い記事でもたまに読まれている。
 逆に自分が楽しんで書いた記事はたいてい人気が無く、自己満足とは正にこのことだと思うのだが、ここは年末特番総集編ということで振り返ってみたい。


[卓球雑記]卓球はマイナーなスポーツだったのか・・





[卓球雑記]組み合わせを考える楽しみ


[卓球雑記]今欲しい用具


大人卓球初心者がやってはいけない3つのポイント


妄想ラケット


にせループドライブ


これじゃないドライブ


[卓球雑記]ラバーを貼る派 貼ってもらう派


[卓球雑記] 卓球中毒の処方箋


[購入履歴] ニッタク コンキンメソッドテーブル 卓球台と暮らす男


[卓球雑記] 聖地高田馬場(今更ながら)初売り参戦


[卓球日誌] 妄想ラケットその2 フォア裏面打法への道


[卓球雑記] 妄想卓球小説


[卓球雑記] 妄想卓球小説その2


[卓球雑記] 妄想卓球小説その3


[卓球雑記] 回転とラバーの関係 推論 前編


[卓球雑記] 回転とラバーの関係 推論 後編


[卓球雑記] 誰がラバーを買わせているのか


YABOO! 知恵袋  ニッタク 双に合うラバーを探しています


無限ループ2 再び  寄せては返すペンへの憧れ


僕たちの失敗 ラバーカット用ハサミ


以前ヴェガアジアDFについて書いたとき、あまり好意的に書いていなかったので、しばらく使用した上で再度感想を記しておく。

使用ラケット アルバ
バック面で使用

最初は頼りにならないふにゃふにゃラバーの様な印象を持ったが、それは誤りであった。
卓球を始めて2,3年の私にとってはとても扱いやすく性能も高いラバー。
初級者はツッツキをする機会が多いと思うのだが、ぐっと掴んでコントロールがしやすく、ポワンと浮くことも無い。勢いを殺すことも、鋭くツッツキで攻めることも割と自在に出来る。
球を掴む感触に優れているので下回転に対するバックドライブも打ちやすい。
スナップをきかせて弾き出すとスピードもしっかりとでる。
これまた初級者に多い、難しい球に対して当てただけの返球でも、それなりの球が出る。
重量も2.0mmで44gと軽めだ。


これから新しいラケットを組むとき、バック面にこのラバーを選ぶことになりそうである。

このページのトップヘ