卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

2019年06月

 サーブ、サーブね。
 卓球教室で大先輩方と練習しているだけだと凝ったサーブとか出しても無意味なので、 ちゃんと練習したことは無かった。
 はい、下回転。
 はい、上回転。
 はい、横回転。
 はい、横下。
 はい、ナックルロング。

 こんな感じで見栄もはったりも無い、外連味の無いサーブしか出せない。
 それで気にもしていなかったけど、練習する度立野Bさんから「サーブがかっこ悪い」「ちゃんと試合に使えるサーブを覚えた方が良い(試合に出ないけど)」「巻き込みサーブがお勧めですよ」とそそのかされたり、リンさんから「シンプル オブ シンプル」サーブと褒められたり(褒められていない)、こういうことが続くとそれなら今流行の巻き込みサーブでも覚えようかという気になった。

 参考にしたのはいつものように藤原久コーチの動画


 この方は子供にも教えているようで、とても理解しやすい説明をしてくれる。

 雨でどこにも行けず、1人家の中の卓球台で黙々と練習した。
 ついでにどのラバーがやりやすいかも研究した。

 以下箇条書きでメモ

・ラケットを立てるやり方は全然ダメで、寝かした方がまだやりやすい
・巻き込むようにスイングするというより、巻き込むようにラケットを持つとやりやすい
・オーバーするときは、たいてい体から遠い位置で打っている
・ネットの時は右足から左足への体重移動が出来ていない
・第一バウンドさせる場所を意識して見るとミスが少ない 視線が遠いと不安定になる
・球が落ちてくるのに合わせて、落ち際を打つとネットギリギリの低いサーブになる
・腰の辺りで水平に打つ
・2バウンドさせるような短いサーブはより体の近くで打ち、フォロースローも長くとる


 3時間くらい練習したら、とりあえず何が原因で失敗したのかは分かるようになってきた。
 

 粘着やテンションなど、色々なラバーで試したが、キョウヒョウとかゴールデンタンゴのようにスポンジが硬いラバーはあまり回転をかけることができず、ライガンのように軟らかめのラバーは感触が曖昧で成功と失敗の判別が難しい。
 やりやすかったのは木星2ブルーとテナジー05で、両者を比較すればテナジー05の方が感覚を掴みやすかった。あくまで個人の、しかもこれから覚えようという超初心者の感想なので参考にならないと思うけど。

 


 
  

 ラバーを貼るには理由はいらない。
 貼ったのか、貼らなかったのか、それすらも曖昧なままだ。
 気に入ったラバーを貼ることもあるし、なぜそれを選んだのか不明な事もある。
 君はその理由を人に言っても良いし、言わなくても良い。
 結局のところ全ては自分の中にしか、無いからね。
 
 ラバー貼りを趣味にしている人がいるなんて、にわかには信じられないけど、でも現実には存在するし、その人にとって趣味とは何なのかを問い詰めるような無粋な真似はしない。
 例えばラケットからはみ出したラバーが気になって仕方が無いなら、それをハサミで切るのかカッターで切るのか、選ぶのは君自身だけど、僕だったらなるべく小さいハサミで切ると思う。
 そのはみ出した部分が人生にとってどういう意味があるのかなんて、誰にも分からないし、切り取っても良い部分など本当にあるのか確信が持てないからだ。

 そうそう、ラバーの話だった。 
 全ての卓球を愛する人が、卓球に愛されているとは限らない。
 君はそう言ったよね。
 けれども新品のラバーを包む透明なセロファンをそっと破って、閉じ込められていたしっとりと柔らかなゴムのシートを取り出すときだけは、あの暑く湿った夏の日の教室に満ちていた喧噪とか、ちょっと喋っただけの隣の女の子が着ていた夏服の白さとか、いつもなら忘れているような記憶が微かな匂いと共に立ち上ってくる。
 呼吸をするように湿り気を帯びて、いつもより重くなったラケットを握っていると、体育館へと繋がる渡り廊下を早足で歩いている中学生の自分がそこにいる。
 入部が決まってすぐに、駅前のスポーツ屋で買ってもらったあのラケットは、なんていう名前だったのか。
 最後の試合で負けて、ゴミ箱に放り込まれたまま、今はもう存在しないあの日の部屋で、今でも眠っているのかもしれない。
 まるで切り取られたラバーの切れ端のようにね。








 って私、サッカー部じゃん!
 
 
 

 
  

 朝から晩まで練習したらどうなるか。
 しかも途中でビールと餃子を挟んで。
 そんな夢のような企画にプラスして、今回は遠方よりまっぽっぽさんが参加してくれるという、スペシャルなイベントとなった。

 第1部は午前9:00から12:00の練習会。
 これに参加したのはナルコ御大、つじまる師匠、リンさん、そしてまっぽっぽさん。
 オンライン上では卓log会メンバーとして、毎日のようにやりとりしているまっぽっぽさんだが、実際会うのは初めて。
 若干不安があったが、体育館で会ったらすぐにまっぽっぽさんだと分かってしまった。

 すぐにリンさんがきて、まずは3人で練習開始。
 なんやかんやと遊んで、いや練習しているといつものように10:00ピッタリくらいでナルコさんの登場。
 対ナルコさんラケットのカルテットLFCxPF4xアポロ5超極薄で嫌がらせをして楽しんだ後は、ローテーションしながらみんなで練習。
 まっぽっぽさんは試合形式になると実に上手で、実戦向きな卓球をする。
 シェーク裏裏なのだが、元々ペンだったかのようなラケット捌き。
 サーブも上手で全くレシーブできない。
 
 つじまるさんは10:30頃登場。
 仕事がきついのかだいぶお疲れのご様子で心配になる。
 もっとも練習が始まれば元気になっていたのはさすがだ。
 
 12:00に体育館を出る。
 前回同様石庫門に向かい、待ちに待ったビール&餃子。
 なにしろ餃子会というだけあって、卓球よりこちらがメインなのだ。
 調子に乗った私はまたもやジョッキ2杯をゴクゴクと飲み干し、激ウマ餃子2皿をバクバクと食べ尽くす。
 IMG_20190617_123505131-1








 13:15で店を出た後ナルコさんとつじまるさんとはお別れ。
 リンさん、まっぽっぽさんの3人で再び体育館へと向かう。
 不思議とアルコールの影響は無く、というか飲んでも飲まなくても大差ない卓球なので、とにかく体力が無くなるまで打ち合う。 
 この回ではオール形式の練習に時間を割いた。 
 私はとにかくまっぽっぽさんと相性が悪くほとんど点を取れない。
 リンさんからは多少点が取れる。
 慣れているというのもあるが、あまりにもへなちょこすぎて返せないという、そんな感じであった。
 逆にまっぽっぽさんはへなちょこ相手は慣れているようで、苦もなくひねられた。

 16:00に体育館を出る頃には十分満足してしまい、このまま家に帰っても良いかと思ったが、実はここからが本番。
 
 駅に向かう道すがら国際卓球にお邪魔してウィンドウショッピングを楽しみ、高田馬場から東西線に乗って門前仲町へと向かう。
 待ち合わせ時間までマックで休憩したが、疲れているのか3人とも言葉数が少ない。

 深川スポーツセンターは久し振りだが、賑わっているのはバドミントンばかりで、卓球場利用者は我々だけ。
 とにもかくにも練習を始めた3人だったが、軽いフォア打ちすらラリーが続かない。
 18:00ちょっと過ぎに立野Bさんが登場。
 仕事が終わった後だというのに元気いっぱいのご様子。
 4人になったので2人一組での練習となった。
 
 立野Bさんに3球目攻撃の相手をしてもらったり、色々なラケットを交換し合ったり、横で練習している女性の険のある言葉に恐怖したりして、20:30に練習終了。
 最後はリンさん相手に神風アタックを執拗にしかけて玉砕するという、長い一日のしめくくりに相応しい練習となった。
 
 リンさん、まっぽっぽさんとはここで別れ、立野Bさんと2人で打ち上げとなる。
 新鮮野菜中心の美味しい飲み屋で(店名は忘れた)、ビール片手に卓球談義。
 立野Bさんとは毎回不純物質を一切含まない、卓球純度100%の会話となる。
 

 
 実は翌日まっぽっぽさんの自宅付近で震度6の地震があって、もう一日日程がずれていたら、また当分お会いできなかった可能性が高い。
 かなりの強行軍だったが、色々実りある一日だった。
 


 
 
  

 こんな経験は無いだろうか?
 自分より技術レベルが上の相手と練習すると、そもそもサーブレシーブが出来ないので卓球にならない。
 ショートなのかロングなのか、フォアなのかバックなのか、上なのか下なのか横なのかそもそも回転などかかっていないのか、さっぱり分からずそっとラケットを出すとあらぬ方向へ球が飛んでいく。
 そのうちいたたまれない気分になってきて、誰か相手を変わってくれないかキョロキョロ辺りを見回す。
 
 そんな日は家に帰ってからレシーブ技術の練習だ。
 とはならず用具の研究をいそいそと始める迷宮探索者達。
 そうした後ろ向きチャレンジャーの目の前にはいくつかの扉が姿を現すらしい。

 第1の扉を開けると現れるのが、「ツッツキ道」

 どんなサーブでもツッツキで返す。
 そう決心した勇者が探すのは上でも下でもツッツキができるラバー。
 その夢はWRMの極薄ラバーに委ねられる。
 ボンバード極薄や太陽極薄に始まり、最新のアポロ5超極薄まで。
 効果はある。
 ショートサーブなら。
 ロングサーブを打たれると、迷宮の入り口に戻される。

 
 

 第2の扉を開けると現れるのが、「トッコウ道」

 どんなサーブが来てもスマッシュカウンターで迎撃する。
 その迫力に相手も恐れおののくはずだ。
 そこで手に取るラバーは、球離れ重視の表ソフトか硬めのスピード系テンションか。
 ラケットも最速アウターカーボンでどうだろう。
 ショートサーブはフリックで2球目攻撃だ。
 しかしこの戦法の不安定な事よ。
 早い打球点を掴まえないと、まともに入らない。
 これが出来るフィジカルがあるなら用具に頼らなくても良いんじゃないか?
 入り口に戻る。
 
 

 第3の扉を開けると現れるのが、「ヘンカ道」

 回転が分からないなら、回転を無効化するラバーにすれば良いのだ。
 とにかく当てさえすれば返球できる。
 この道を進むには粒高ラバーかアンチラバーか。
 もう少し攻撃的に変化系表という選択肢もある。
 回転の反転、ナックル、揺れる球。
 ビタ止めストップ、鉄壁ブロック、ナックルドライブ、中央仁王立ちノイバウアーポジション。
 魅惑的なフレーズに心が騒ぐ。
 盲点なのは戦術を組み立てる頭脳が求められること。
 出来ることが限られるからこそ、組み立てが大事になる。
 練習や実戦を数多くこなした経験の積み重ねと、状況に応じた冷静な判断が鍵となる。
 それって普通に強い選手では。
 

 第4の扉を開けると現れるのが、「イブシギン道」
 
 最新のテンションラバーは高性能故に反応が敏感すぎる。
 それなら何世代か前のレジェンドラバーを使った方が自分の力で打てるし、なんだかこだわりがありそうでちょっぴり格好いい気がする。
 有名どころではマークVやスレイバー。同じキョウヒョウでもキョウヒョウ2とか、あるいはテンキョクにするとか。
 若者のフェイク満載グニャグニャサーブをマークVで右に左に軽々と捌き、最新のテンションラバーとは異なる弾道で返球する。そんないぶし銀プレイに思いを馳せよう。
 ってちょっと待った。
 そもそもそのテクニックが無いから用具に頼ろうとしているのに・・
 入り口に戻る。


 現在第2の扉と第3の扉を同時に開けるべく、2本のラケットにラバーを貼る準備をしているところだ。
 結末が分かっていても試さずにはいられない。
 なのでちっとも上達しない。
  

 本日はオール中心の練習をしたのだが、いつもにも増して不安定であった。
 空振り、オーバー、ネットを越えない、などなど。
 対下回転打ちだろうが対上回転打ちだろうが、振っても振っても思ったように打てない。
 バックスイングが大きすぎる気がするし、打点が遅い気がするし、ラケットの角度が合っていない気がする。
 あれこれ修正を試みたが、残り15分くらいまでは終始そんな感じで、練習相手の妻も呆れていた。
 
 ここで気になったのがフリーハンドの使い方である。
 私はテニスの影響からか、フリーハンドはリードとして使用していた。
 飛んでくる球に合わせて、肩を入れて伸ばした手を手元に引き寄せ、 インパクトの瞬間はフリーハンドが顔の横に来る。
 

 こんな感じである。
 自然にそうなるので間違いだとは思わないが、どうもこのフリーハンドが不安定の原因のような気がしてきた。
 
 そこで試しに左手でお腹の辺りのTシャツを握りしめて打ってみた。
 以前練習仲間の立野Bさんが、ポケットに手を入れて打つ練習をしたと言っていたことを思い出したのだ。
 またWRMの動画で紹介されていた練習方法でもある。
 
 確かにそうして打ってみると、明らかに安定する。
 今まで右手と左手で分散されていた意識が打ち手に集中することにより、落ち着いて角度を作ることが出来る。フリーハンドを伸ばさない影響からかバックスイングもコンパクトになり、打った後のぶれも少ない気がする。
  威力は落ちるかもしれないが、安定度は向上し、つまらないミスが減って卓球っぽくなった。
 
 フリーハンドを使えないので窮屈な気がするが、慣れてくればTシャツを掴んでいなくても良いだろうから、この延長線上でフォームを固めていって良いのかもしれない。
 
 めずらしく真面目な話であったなあ。 

 ついに梅雨入りしてしまいましたね。
 朝から雨で気が滅入ります。
  
 今日はひょんな事からつじまる師匠と練習することが出来ました。
 雨の日は家の近所だろうと外出する気が起きないものですが、卓球となれば別です。
 電車を乗り継ぎ高田馬場までいそいそと出かけてきました。

 さて、どんな用具を持って行ったでしょうか。
 最近ラケットや用具を買うのは控えていたつもりでしたが、手持ちのラバーの組み合わせを替えるだけでも色々な発見があります。
 今回はカルテットLFCにPF4 アポロ5超極薄。
 博にラクザX スペクトル。
 アルバにヴェガツアー ロゼナ。
 この新作3本とメインの2本を用意しました。

 いつもより早く登場したつじまる師匠。
 色々幸運が重なって、予想より30分くらい早いですね。
 2時間練習できれば、持ってきたラケットも試すことができるでしょう。

 最初はメイン候補のアルバ ヴェガツアー ロゼナから試しました。
 アルバは衝撃を吸収するようなラケットなので、弾みが強めなラバーでも安定して使えます。
 前回アウターカーボンのカブリオレに貼ったときは扱いにくかったヴェガツアー。
 アルバに貼ってようやく性質が分かってきました。 
 とにかく攻撃性能は申し分ないですね。
 回転もスピードも十分。
 ただすこしランダム要素が入った練習になると、途端に使用者の技術力が反映されます。
 分かりやすく言えばオーバーが増えます。
 チャンスと思って強打をすると、たいてい台を超えて遙か向こうへ。
 このあたりは慣れの問題もあるので、スイング位置を上に持ってくるとか、7割の力で打つとか、調整はできそうです。
 困ったのはレシーブですね。
 どうもツッツキが上手く出来ません。
 これも慣れの問題と技術力の問題なので、そのうちできるようになるでしょうが、今日に限って言えば安心してツッツキをすることはできませんでした。
 
 せっかく持ってきたのでカルテットLFCxPF4xアポロ5超極薄を試してみました。
 サーブから始めるオール形式での練習です。

 フォア面のPF4はもちろん新しい高性能ラバーでは無いのでスピードは遅く、浅い球になりがちです。
 その分ラケットがまあまあ弾むので、スピードを上げたスイングをすればそこは補えます。 
 なにより思いっきり打ってもオーバーすること無く台に収まるのが楽しいですね。
 これはPF4がどうとかいうより、弾まない粘着ラバーに共通する特性でしょうが、私の感覚にはあっているようです。
 そしてツッツキの安定感。
 PF4もアポロ5超極薄も、外す気がしません。
 簡単なフリックもできるし、ブロックでの強弱もつけやすいですね。
 アポロ5超極薄はスポンジが薄いので、攻撃時は不安定になりますが、そこは仕方が無いでしょう。
 強打を受けたとき、または自ら攻撃をする際に硬い板で打っている感覚となり、角度がシビアになります。
 バック面のアポロ5超極薄を、もう少しスポンジの厚い粘着ラバーにする選択肢もありそうですが、軽い重量とグリップ力の高さ、弾いたときのスピード、などを考えると粘着ラバーでの代替は難しいかもしれません。
  
 この組み合わせは自分より上手な人と試合をする際に役立ちそうです。
 勝てないまでも、一矢報いることはできそうです。

 逆に自分より弱い人との練習に使うと、お互いストレスになるでしょう。
 そういう時はアルバxヴェガツアーを使って、スマートな卓球をしましょう。

 話は前後しますが、ロゼナはスピードと回転の総合力が高いラバーで、幅広い技術をそつなくこなしそうな雰囲気があります。ただどちらかというと回転に数値を振っている気がしますね。
 バックドライブを身につけるのに向いていそうです。
 ツッツキ、ミート、ブロックを重視するならマントラSの方が良いでしょう。 
 なので私が選ぶのならマントラSですね。

 
 博にラクザXとスペクトルは、ほんの少しだけ試しました。
 スペクトルは何年か前に一度貼って、それ以来なので久し振りです。
 今回はほとんど出番が無かったので、あまり書くことがありません。
 ラクザXはつじまる師匠に打ってもらいました。
 スピードと回転の総合力が高く、高性能ラバーだとは思いますが、前陣で使うには少々オーバースペックのように感じました。これもまた慣れの問題かもしれません。
 スペクトルはさすがに弾むラバーとは言えませんが、スマッシュの時の気持ちよさは別格ですね。
 少しでも浮いた球を踏み込んで打ち込む。
 遊びだからこそできる楽しみです。とても試合では出来ないでしょう。
 

 久し振りに用具のことを長々と書きました。
 2時間みっちり打ちましたが、今回使ったアルバにヴェガツアーは好感触でした。
 それ以上にカルテットLFCにPF4を気に入ってしまいました。
 困ったものです。
 
 練習後は国際卓球に寄って待望のラージ用ラバーを購入しましたが、その話はまた後でしましょう。



 いい汗をかいてお腹をすかせた私たちは、ドンキホーテ地下の餃子屋さんへと吸い込まれていきました。
 来週の月曜昼間餃子会に向けての下見です。
 熱々餃子とビールを堪能しながら、どんな話をしたのでしょうね。夢中で話していたのであまり覚えていません。
 そうそう、とてもおもしろいお土産をもらいました。
 つじまる師匠が密かに輸入した緑色のラバーです。
 詳しいことはご自身のブログで書くでしょうから、ここでは写真だけそっと載せておきます。
 IMG_0266

















 前日深夜に突然決まった練習会でした。
 つじまる師匠、ありがとうございました。
  

 Virtuoso offensive-に貼ったヴェガツアーが予想を超えて良い感じで、バック面のアグリットをロゼナに替えればもっと良いかもと考えたのがモソモソ、いやそもそもの始まり。
 たくつうのクーポンを使ってロゼナを注文し、何故かついでにヴェガツアーを注文している私。
 しかも赤黒逆で、他のラケットに貼れと言わんばかり。
 
 悩みに悩んだ結果は何故か一番だめそうなカブリオレ.F
 カルテットLFC以上に気むずかしいこのアウターカーボンラケットにはいつも泣かされるのだが、今回はもしかしたら扱えるかもよと誘惑してくる。
 早速誘惑に負けて、フォア面ヴェガツアー、バック面ロゼナを貼って妻と練習した。

 軽くフォア打ちしただけですぐに分かる。
 ほとんど手応えが無い内に球がすっ飛んでいくこの感じ。
 回転もかかっているんだかかかっていないんだか。
 これを使いこなすのは一生かかっても無理。
 もっと硬くて弾まないラバーか、もっと柔らかくて扱いやすいラバーの方が良いのかも。
 
 
 バック面のロゼナはよい感じ。
 スピードもあるがありすぎることも無く、しっかり食い込ませて打つことが出来る。
 価格がそこそこ高いだけあって、バック面では総合力的に一番好印象。
 
 ヴェガツアーもロゼナも絶対良いラバーだと確信があるので、次なるラケットに貼るべく速攻で剥がしてしまった。
 今度はアルバで試して見ることにする。

 

 短い下回転に対してツッツキで返球するのに飽きてきたらフリックに挑戦だ。
 具体的な打ち方は「擦るフリック」検索すればいくらでも出てくるのでそちらを見られたし。
 
 打ち方は分かった。
 でも上手く打てない。
 そいういう場合のコツ。

 最初から最後まで力を抜く

 解説
 擦り上げるように打つので、手首、肘、肩を連動して回してくのだが、スイング開始からインパクト、フォロースルーまで、一貫して力を抜く。
 インパクトの時にキュッと力を入れる、とかやらない。
 特に前方向に力を加えない。
 オーバーしたり、ネットしたりするならどこかに力が入っている証拠。
 とにかくスピードは速くなくて良いので、ボールの飛んでくるタイミングに合わせてシュッと優しく擦り上げる。

 簡単そうでしょ。

 スピードが遅いので、絶好球になって相手に打ち込まれるから、覚悟していてね。
 

 前編はこんな感じ

 台が空いたので意気揚々と台に向かう私たち。
 きれい好きなつじまる師匠がいつものように台を拭いてくれる。
 
 今回はつじまるさん持参のオレンジボールを使用。
 ごちゃごちゃ人がいて視認性が悪い場所でも、オレンジ色なら見やすい。
 色の与える影響か、打球感が柔らかく感じる。

 気がついたことをスパッと箇条書き。
 ・Q5を打った後にテナジー05を使うと柔らかく感じる 
 ・Q5はシートが硬い為か食い込ませるのが難しく感じて無意識に擦ろうとしてしまう
 ・結果回転はかかるがスピードが遅いドライブになる
 ・テナジーは強打の際に掴む感覚があるので、安心して振り抜ける
 ・Q5と弖哭璽05は適している打ち方が異なるように感じる

 ただ単に思いっきり打つだけならテナジー05の方が楽しいラバーだ。

 
 ・ナノスピン2カリスマは評価の難しいラバーだ。ラバーに適した打ち方があるのかもしれない
 ・太陽プロはとにかくツッツキがやりやすい。安定する上に回転量も豊富
 ・PF4は面白い。粒が低くてスポンジも硬くて重量もあるが、つい使いたくなる

 つじまる師匠のラケットも使わせてもらった。
 ・今回初登場のリーンフォースACは柔らかい打球感で扱いやすかった
 ・リーンフォースに貼ったキョウヒョウ8も記憶と違って硬すぎず扱いやすい
 ・キョウヒョウ8は粘着テンションとしてもっと評価されても良い気がする。

 そういえばこのラケットはシェークなのだが、つじまる師匠はシェークでもスイングが安定してきていて、そのうちシェークに転向するかも。
 
 練習というより試打会になるのはいつものこと。
 失敗を恐れず思い切り打てる場は貴重なのだ。

 始まりの時間が遅かったので、1時間45分ほど練習して、後は昼飯&ビールへ突入。
 お得なすき焼きセットポテトを頬張りながら、1時間ほど会話を楽しむ。
 直前までは漬けマグロ丼と決めていたのだが。
 
 
 すっかりほろ酔い加減でふらふらとバス停へと向かう。
 名残惜しいがつじまる師匠は育児の真っ最中で忙しいのだ。

 1人電車の中で考える。
 つじまる師匠の育児が一段落する頃には、まさにラージ適齢期だ。
 やはりラージ、やるしかない。
 やるしかないのだ・・・・・・

 そんなことを考えながら、
 案の定電車で熟睡してしまった。
  

このページのトップヘ