卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

2019年11月

 Virtuoso offensive-にロゼナを試した。
 なんだかんだあってとても良かった。


 とても良かったので、フォーティノフォースxエアロックMも、UltimateOffensive2xQ5も出番がなかった。



 
 軽打の時も強打の時も、自分のイメージ通りの弾道とスピードで、対下回転打ちやツッツキもやりやすい上に、少し離れたところから打っても打ちやすかったので、大変満足であった。
 バック面のアグリットは軽打の時イメージよりも弾まなかった。アグリットは弾むラケット用かも。
 
 というわけでフォアはロゼナ確定。
 バックもロゼナにしたいところだが、そこまで金銭的な余裕がないので代替品を探す。
 Virtuoso offensive-はブレードが大きいので使用済みラバーの再利用が難しい。
 本当はマントラSが良いのだが、案の定小さくてダメ。
 ライガンの黒がピッタリサイズだったのでこちらに貼り替えた。

  5枚合板にフォア ロゼナ バック ライガン。
  当たり前すぎてつまらないですか?
  

 練習をしたいが相手がおらず、教室に行く金もないので、部屋でひたすら下回転をかける遊びをしていた。
 オールラウンドタイプの5枚合板に、マークVの薄とハモンドの薄を貼ったときが一番かける感覚があったので、 スポンジが薄いラバーに薄い純木ラケットが下回転をかけるのに適しているのではないかと、色々なタイプのラケットやラバーで試した。
 台を出さずに壁に向かって打つだけなのでいい加減なものだが、感覚を掴む練習くらいにはなった。
 
 何度も繰り返している内に、ラケットの後方に当てるつもりで振ると回転をかけやすいことに気がついた。
 今までラケットの上を長く転がすために(イメージ)前方から真ん中めがけて当てていたのだが、後方の縁付近を意識して当てた方がより回転がかかっている。転がすというよりシートの反発を利用してかけるイメージか。
 ただしこの当て方では粘着だとあまり回転がかからない。
 そしてこの当て方だとスポンジが厚いテンションラバーでも、回転をかけられることに気がついた。
 ラケットの縁はあまり弾まないので、そういう事かもしれない。
 すでにGTT45 1.6mmを黒赤注文してしまったのだが・・・・・
 
 最初に書いたように、卓球台の上で打ったわけではないので全く参考にならないが、次の練習で試してみるつもりである。
 
  

 最近用具のことを書いていないのは、すっかり落ち着いてしまったから、などでは全くなく、当然のように毎日ラバーを貼り替えている。
  残念ながら練習の回数が少ないので、未試用の組み合わせがどんどん溜まっていき、そのうち自分でも忘れてしまう恐れある。
 そうならないためにもメモとして記しておく

①神龍木10mm単板シェーク 両面スペシャリストソフト
ラージ用ラバーに単板が良いらしいと聞いて

②エヴァンホルツNCTV 剛力快速 アポロ5超極薄
ツッツキがキレていないとか言われて頭にきて
アポロ5超極薄の粘着が弱くなっている

③ノスタルジックオールラウンド 木星ブルスポ スーパーキム
買うつもりが無かったのにスーパーキム
ノスタルジックオールラウンドはほとんど使っていないのにブレードがボロボロ
次剥がしたらアウト

④スワット 省狂3 太陽プロ極薄皮付きブルースポンジ
ツッツキがキレていないと言われて
太陽プロ極薄皮付きブルースポンジは結構前に買ったのに粘着ばっちりシートもきれい

⑤セクション マークV薄 ハモンド薄
急にスポンジ薄が気になって引っ張り出してきた
セクションはサインラケットになっていたが現役復帰か

⑥スウェーデンクラシック ヴェガプロ テナジー64FX
ヴェガプロは良かったのでバックをチェンジ
ファスタークS1とか考えていたのに何故かテナジー64FXが
だめなら変えれば良いのだ


 そして今気になっているのが

①GEWO NexxusEL Pro50

②andro ラザンターR53

③スティガ DNA pro H

④ヤサカ ライガンスピン

⑤パラディンブルー はそうでもない




 終着駅のすぐ側まで来ている気がするのだ。
 嘘ではないのだ。
  

 少し前のことだ。
 たまに利用している卓球スクールに参加した時の事、1人の気になる男性がいた。
 名前は分からないのでAさんとしておく。
 そのAさんは60歳から70歳の間かと推測される、ちょっとお年を召した方で、もしかしたら相当な達人かもしれないと、ロッカールームで見かけたときから警戒していた。 
 練習が始まって打ち合うとそのようなこともなく、フォアロングのラリー練習からスマッシュを打ち込んでくる、地元の卓球教室に良くいるタイプであった。
 
 5分おきくらいに相手が変わり、コーチから指導を受けたりしながらローテーションしていき、Aさんとも何回か練習した後、休憩時間となった。
 私は疲れていなかったので1人でサーブ練習をしていたところ、Aさんが他の方に話しかけているのが聞こえてきた。
 Aさん「私はね、100枚以上の組み合わせを試したんだよ」
 話しかけられた女性は初対面だったのか、話しかけられて迷惑そうであったが、お金持ちなのね、とか無難な返事をしていた。
 Aさん「お金持ちとかではなく、本当に自分に合った用具を探しているんだよ」

 100枚以上の組み合わせを試したとなると、相当な用具マニアである。
 これは大変な人を見つけてしまった。
 そして何だか自分が言いそうなことをそっくり言っている。
 でも何となく関わりたくない気がして、視線を合わせず意識だけ向けていた。

 Aさんはめげることなく話を続けて、
 Aさん「貴方のラケット、それはチモビルですね。それは良いラケットです」
 女性「そうなんですか。私はあまり興味が無いので良く分かりません」
 Aさん「チモビルですよ、チモビル。良いラケットをお使いですね」
 
 チモビル?
 
 ティモ・ボルのことか?
 
 女性は煩わしくなったのか席を離れてしまった。
  
 会話に割って入りたくなったが、ここはグッとこらえた。
 まるで20年後の私を見ているような気分になってきたのだ。
 このままいけば間違いなく私はAさんのようになる。
 用具に興味が無い女性を掴まえて、一生懸命用具を語る永遠の初心者。
 
 それも良いかもしれないなあ。
 
 肩の力を抜くとまた違った景色が見えてくる。
 勝ち負けより楽しさを追求して、それで何の不都合も無い。
 優しい風が私の中を吹き抜けた。
 
 嘘である。
 
 なんか嫌だ。
 
 
 それはさておき、最初は取っつきにくい気むずかしい爺さんかと思われたAさんだったが、笑顔が印象的な人の良さそうな方で、ロッカールームでついつい話しかけてしまった。
 なぜならAさんのラケットが気になって仕方が無かったからなのだ。

 私「そのラケット、フォーティノですよね。もしかしたらフォーティノプロですか?」
 用具好きらしいから三万円以上するフォーティノプロでもおかしくない。
 Aさん「フォーケーノ? いえ分かりません。これはもらったものです。」
 私「いえ、フォーティノです、フォーティノ。ティバーの」
 Aさん「チバー?」
 私「フォーティノ。ティ ノ。タチツテトのティ。そしてティバー」
 Aさん「はいはい、フォーケノですね」
 
 Aさん「これはオフチャロフからもらったのです」
 私「え、オフチャロフから!」

 これはとんでもないビッグな人と知り合ったのかもしれない。

 Aさん「イベントでオフチャロフからもらったのです」

 イベント・・・・・・

 私「もしかして、サムソノフですか」
 Aさん「そうです、サムソノフです」

 可笑しい。
 なんだかとっても可笑しい。

 とても楽しい気分になった私は、Aさんにお礼を言ってロッカールームを出た。

 またいつか会えたら、こんどは色々用具の話を振ってみよう。
 楽しい話をたくさん聞かせてくれるに違いない。


 

 
 
 
 

  

 卓球好きには間違いないが、自分の進んでいる方向に不安がある人は案外多いのではないだろうか。
 以下に判断の目安となる項目を書き記したので、このようなことを言ったり考えたり、または他の人から言われたことが無いか、チェックしてもらいたい。

1 「持っていくラケットが決まらないから練習行かない!」
 

2 「未使用ラバーがあるから気になって何もする気がおきない!」
 

3 「このラバーパッケージの11枚、ラケットの空箱の一箱一箱が、僕の青春であり、僕の全てなのだ!」
 

4 「ついに僕にピッタリなラケットとラバーを見つけた!

これで安心して他のラケットを試せるぞ!」
 

5 「クローゼットの中に充満しているゴムの匂いを嗅ぐと、本当は存在しない懐かしい中学生時代にトリップするのが不思議なんだよね」
 

6 「お前さ、何でいつも足元に4本も5本もラケット用意しておくんだよ」
 

7 「お前ってさあ、来る度にフォームが変わっていくんだけど、上手くなっているわけでは、無いんだよねえ」
 

8 「俺に出会うために作られたラバーがこの世のどこかに存在する。俺はそう信じている」
 

9 「お客様、貴方にピッタリのラケットは、こちらのラバー貼りラケットでございます」
 

10「すみません、僕のメインラケットってなんでしたっけ?」
 

11 「練習とデート、どちらを選ぶか、一晩考えさせてください」
 

12 「僕のラケットとラバー、どれも新品同様に綺麗です」
 

13「ツイートするのに忙しくて練習する時間なんか無いんだよ!」



 8つ以上当てはまった?
 大丈夫
 貴方は間違いなく正しい方向に進んでいる

 

このページのトップヘ