卓球迷宮地下1階

~貼ったり はがしたり また貼ったり~

2020年06月

 実に2ヶ月ぶりの練習が今回の個人レッスンとなった。
 あまりにも間が空きすぎて、卓球道を踏み外して迷子になりかけていた。
 挨拶もそこそこにフォア打ちバック打ちで感覚を調べる。
 思いの外上手に打てた気がする。
 アルバのフォアに貼ったテナジー25FXはイメージ通りの球を打てるのが良い。
 問題なのはむしろ体力の低下。
 あっという間に右腕が張ってきて、ラケットが重く感じてきた。
 総重量を量り忘れたが、きっと190gくらいあるに違いない。
 
 前回教わったように高めの球はシュート回転気味に打っていたのだが、もっとしっかり回転をかけるためには薄く当てるようアドバイスをもらった。高い球も上部を捉えれば前進回転を加えられる。
 感覚としてはカーブドライブのような感じで、もともとの打ち方に近いのですぐできた。
 
 前後の動きについて教わった。
 後方で打った後浮いたチャンスボールが来たら、軽く左足を前に出し、スキップのように足を運んで、左足を台に寄せて決め球を打つ。
 速かったり低い球が来たら、最後の重心を右足に残して溜めてから打つ。
 後方に下がるときは右足から動かす。
 
 バックの前後の動きも教わった。
 後方でバックドライブを打った後、前方に動くときは、左足から動かした方が動きやすい。

 とにかくバタバタしているだけでとても上手く出来そうに無い。
 こういう動きこそ反復練習が大事だ。
 
 ツッツキも教わった。
 ツッツキをして右足を踏み込んだら反動で足を戻し、そのタイミングでラケットも戻す。
 そうすると時間の余裕が出来る。

 今回教わったことはどれも大事なことだが、反復練習無しには身につかない。
 そしてとても疲れる。
 とても、疲れるんだよ。
 
 そういえば最後の10分くらいバンダを試した。
 弾き出しはちょい強めで安定感がある、というどうとでもとれる感想しかないが、好感触だった。

 1時間の練習だったが横っ腹は痛くなるし息が上がるし、体力の低下が感じられて危機感を覚えた。
 そして極めつけは、自宅に帰ってからアルバの重量を量ったとき。
 190g有るに違いないと思っていたが、175gしかなかった。
 175gが重く感じるようでは・・・・
 好きな卓球を楽しむためには、もっと体力と筋力が必要だ。
 必要なんだよ。


 メモ:
 バックドライブをちょっと下がって打つ練習をした。
 今までこういう練習をしたことがなかったので、新しい発見があった。
 バックって遠くに飛ばすのが難しい。
 というかスピードと回転を載せながら飛距離を出すのが難しい。
 少し下がってバックドライブをガンガン打ちたいなら、弾みの良い素材ラケットを選択肢に入れて良いのかもしれない。
 
 

 
 
  

 久しく練習していない。
 正確には、ちゃんとした卓球台で練習したのは3月末。
 これほど間が空くことは今まで無かった。
 試合に出るわけでも無い卓球道楽とはいえ、多少不安にはなる。
 そもそも自分がどのラケットを使っていたのかさえ曖昧だ。
 明日は待ちに待った練習なのだが、 私はどのラケットを持っていくんでしたっけ?

 最後に練習したときに使っていたのはスワットにヘキサーグリップだった気がする。 
 ラケット置き場をごそごそ漁っていたら、それらしきラケットが複数出てきた。
 記憶を遡りながら、メインラケットが何だったのか探ってみよう。

 候補1:UltimateOffensive2 ヘキサーグリップ ヘキサーパワーグリップSFX
両面新品ラバーという気合いの入った一品
バック面はマントラSだったが物足りない気がしてヘキサーパワーグリップSFXにした
結局バック面は物足りないままだったが、多分勘違い

 候補2:スワット ヘキサーグリップ マントラS
もうこれで決めとけよというくらい鉄板の一品
スワットの良さが存分に発揮されている
欠点はいまいちな外見

 候補3:アルバ テナジー25FX ヴェガアジアDF
何年か前までずっと使っていた一品
久し振りに使ったらめちゃくちゃ良かった
もうこれ以外考えられないよ

 候補4:バンダオフェンシブ ラザンターV42 マントラS
スワットに似た性能でより格好いい外観のバンダに期待
頭の中では最高最強の組み合わせ
なにぶん貼っただけで使っていないのでなんとも言えない
多分いいはず

 候補5:ビスカリア テナジー25FX テナジー64FX
密かに購入していた人気のラケット
グリップがめちゃくちゃ良い
僕のラケットはビスカリアです といつか言う日を夢見て

 メイン候補が5本あって、試したいラケットがもう2本くらいあって、練習できないままひたすら迷っている。
  

ラバーの重量 メーカー別です
別名 恥ずかしい記録

重量 

ラバーの重量別です

 重量別

このページのトップヘ