中国のネットショップで卓球用品を注文したいと考えている全国約100人の皆様へ。



 中国のネットショップを利用するためには翻訳サービスが不可欠なのだが、スマホでアプリが用意されているgoogleアプリが使い勝手が良い。google翻訳は手書き入力が可能なので、中国語から日本語への翻訳はこれが無いと私には不可能である。
 スマホのgoogle翻訳アプリは、翻訳したい範囲を選択してコピーすると、フローティングウィンドウで翻訳結果を表示してくれるため操作性に優れる。
 問題なのは翻訳の精度だ。
 結論から言うと、Excite翻訳の精度が高い。
 
 以下比較
 google翻訳
 「あなたのパッケージ0000000000000にプロのクエリは、それが患者ああ受領してくださいとすぐに私たちの会社が送付されます支払わ」

 Excite翻訳
 「キスします あたなの小包の000000000000まで(に)検索します すでにお金を支払いました 我が社は出来るだけ早くあなたの為に出荷しました 根気よく商品受け取りを待って下さい」

 どうだろう、Excite翻訳は「キスします」以外は普通に意味が通るが、google翻訳は意味が分からない。
 ここでの例以外でも万事こんな感である。

 手書き入力といいアプリの使い勝手といいgoogle翻訳は無くては困るのだが、肝心の翻訳がイマイチなの残念でならない。
 今見たらExcite翻訳を始め、多数の翻訳アプリがあるようなので気になった方は、あれこれ試して見るのもいいかもしれない。