にせループドライブの有効性を試すべく練習していたときに気がついたことだが、自分の手首 ラケット 腕の角度が適切ではないために回転がかけられないのではないか。
 何も意識せずに構えてみると
BlogPaint
 手首が自然と下がり、ラケットの向きは少し上向きといったところになる

 入門書を読むと手首まで一直線になるようにした上でラケットを持つそうなので、大げさに描けば
BlogPaint
 このような感じで必然的にラケット角度が上向きになる。
 このままフォアのスイングをすれば、球はラケットの縦方向に転がるので、横切るよりも回転がかかるに違いない。
BlogPaint
BlogPaint

 
 持ち方も気持ち角度が上向きになるように持てば尚効果的であろう。
 この考え方が正しいかどうかはわからないが、試してみたところ、変なフォームで打っていると言われたのでやっぱり違うのかもしれない。