エバンホルツNCT Vのバック面に貼るラバーとして購入。最初に買ったRISEが球離れが早すぎる気がしてどうにも合わず、かといって重量を考えると40g以下に抑えることが必須なので手持ちの中になし。粘着ラバーが良さそうなのだが中国ラバーは総じて重量がある。
 というわけでこちらを購入。

・・・感想・・・
ラケット エバンホルツNCT V
バック面で使用

 まず 重量が36gと軽い。フォア面NEOキョウヒョウ3 バック面T-REXでまさに理想の186g。このくらいの重さならほとんど重量を感じない。 
 保護フィルムを剥がしてすぐはピンポン球がくっつくくらい粘着力があるが、使用しているとそこまでの粘着ではなくなるのは他の粘着ラバーと同じ。
 球突きをしてみるとやはり弾まない。この辺は粘着ラバーに共通した特性である。
 また当初の目的通り弾みすぎないので自分でスピードや距離をコントロールできる。 きちんと振らないと届かないがネットにかかるほどでもない。
 下回転サーブもかけやすくツッツキも十分。
 欲を言えばもうちょっと ほんのもうちょっとスピードがあっても良いのかも。
 スポンジが軟らかいので一度剥がすともう使えないかもしれない。
 DSCF1071DSCF1072