前日は仕事の疲れと寝不足で気絶しそうになりながら、練習が楽しみでなかなか寝付けず何度も夜中に起きてしまった子供みたいな私である。
 ラケットを忘れて取りに帰って電車に乗り遅れるリアルな夢まで見ていたよ。
 
 結局持って行ったのは
 ①アルバxテナジー25FXxヴェガアジアDF
 ②神龍木xヴァルモ
 ③Virtuoso offensive- x キョウヒョウ8ブルースポンジxプラクソン450
 ④双xエアロックアストロS
 ⑤ワルドナーJOシェイプxライヒxリズムテック

 ①はメインなので調子がおかしくなったら感覚調整用に必要
 ②と④はつじまるさんがもってくるであろう神龍木xマントラとの比較用
 ③は今回の目玉
 ⑤はあまり使っていないのでたまには使おうかと

 今回も鞄が重くて移動が辛い。今度からリュックにしようか。ああ、電車の中では邪魔か・・

 普段はアルバから始めるのだが、いきなりVirtuoso offensive-を使用。
 表面のキョウヒョウ8ブルースポンジは前記事に書いたのでこちらは割愛。
 とにかく素晴らしかったとだけは書いておこう。
 裏面をプラクソン450にしたのは、オール形式の際バックは大きなスイングをとることができず、ほとんど手首だけで打つことが多いので、回転の影響を受けにくいことと弾きの良さを期待した。後は最近練習中のフリックにも良さそうとの判断。
 案の定バック対バックの練習などでは弾みすぎてオーバーしてしまう。フォア面と比べると明らかにスピードが速い。しっかり持って打つには慣れが必要そうで、ヴェガアジアDFに慣れているとコントロールが難しい。
 ツッツキは回転をかけようと色気を出さず、食い込ませるようにして打つと速くて深いツッツキを出せる。
 フリックは期待通りで軽く弾けばスピードが出てミスも少ない。
 練習向きでは無く実践向きのような気がする。
 継続するかどうかは怪しい。実践の機会は無く練習ばかりだから練習が楽しい方が良い。

 ④の双は軽くて良い。エアロックアストロSは相変わらずよく弾む。
 ⑤は本当に久し振りの使用。729のドイツブランド、DERWINDのライヒをまともに使うのは初めて。直前まで使用していたプラクソン450と比べると弾みが弱く軟らかいので扱いやすい。しっかり掴んで球を運ぶ感覚がある。安定志向の裏面には良いかも。
 ワルドナーOFFを使用して、打球感があまり好みで無いことに気がついてしまった。ポクンポクンと空洞がある感じで、もしかしたら軟らかいラバーの影響かもしれない。
 
 珍しくアルバはほとんど使用せず。

 つじまるさんがペンを使用しているので、貸し借りする関係上ペンを使うことが増えており、ペンもシェークもどちらも扱えるようになりたい私には良い環境である。
 マントラも試させてもらったが、ヴァルモとはまた違ったラバーであったとだけ書いておく。
 マントラの裏面に貼られたコバルトは、単板との相性が良いのか打っていて楽しい。人のラケットながら手離せなくなり、しばらくコバルトでポコポコ打っていた。ただフォア面だからなんとか使えるのであって、裏面打法でこれは無理だろうと思う。最初に双の裏面に貼ったピンプルミニの苦い記憶が呼び覚まされた。

 外気温は30度を遙かに超え、練習場もエアコンが全く効いておらず汗がとまらない。
 ペットボトルのお茶もあっという間に無くなって、普段は飲まないスポーツドリンクを追加購入したほどだ。無理をすると本当に熱中症になりそうである。
 最後は冷房の効いたレストランで冷えたビールを飲む。これが最高。あっという間に酔いが回って気持ちが良くなるのであった。・・・・・家まで遠いのを忘れるなよ。