127gの10mm単板シェーク神龍木にマークV薄とハモンド薄を貼って、結構使えることに驚いたが、なんだかまともでつまらない気がする。
 せっかくメーターオーバーの規格外ラケットなのだから、もっと極端な構成にしてウオー!とかギャー!とかヒエー!とか言ってみたい。
 両面50gを貼ると227gになるのでマスコットバットならぬマスコットラケットになってしまう。 
 そうではなくて、片面を軽い1枚ラバーにしてもう片面は重厚なラバーにする作戦だ。
 手持ちの1枚ラバーは388-c1 赤 なので、必然的に反対側は黒になる。
 粘着以外で一番重いのはターゲットアルティマ50の51gか。
 しかし貼り直しはテンション(気持ちのね)下がるし、ここは未使用ラバーから選ぶかな。
 正月のMASAKI福袋ラバーのSAVIGA T50 これかな。
 つじまるさんの情報によれば、50g台後半の可能性もある、見た目からして重厚なラバー。
 問題は色。
 赤なのだ。
 ハモンド薄を残してT50を貼ったら、215g!
 ほんとにマスコットラケットだ。
 
 あとはブルースT1。意図に反して無難な選択になってしまうから却下。
 金弓8はもったいない。
 キョウヒョウ2?
 もろ粘着だ。
 なんかもうPF4?

 というわけでV>15Extraに決定!