紅双喜ブランドのドイツ製テンションラバー。
 バック面用に販売しているらしい。
 かなり安価で購入でき、良ければ継続使用を考えている。
 黒いシートに黄色いスポンジで、いかにもドイツだなーという見た目。
 GFT48やラクザXのようにクタッとしていてラケットに貼りやすい。
 シート表面はしっとりとしていて軟らかく感じる。
 カット後重量 53g

・・・感想・・・
使用ラケット 博 7枚合板
バック面で使用

 ラケットが軟らかいのかシートが軟らかいのか分からないが、スポンジの硬さを感じない。
 フォア面に貼ったキョウヒョウNEO3は軽く打つと全く弾まないので、当たり前だが比較すると軽く打っても良く弾む。いかにもテンションラバーらしい。
 打球の瞬間食い込む感じがあるのでコントロールしやすく、スピードがそこそこあるが扱いやすいラバーという感じ。
 金弓5の42.5度よりこちらの方が自分には合っているかな。
 金弓5は軟らかい硬度にしてしまったのでちょっと頼りなかった。
 
 フォア面のキョウヒョウNEO3が今ひとつだったので、フォア面を変更して試して見たい。
金弓8