ゆっくりとした下回転はなんとなくドライブで返せるようになったが、速くて深いツッツキが打ち返せなかったため、本日の卓球三昧教室で教わることにした。

 例によって2、3球打ってからの指導内容
①速い球ほど跳ね返る力が強いので、前では無く上に振ることを心がける
②振り抜くことは大事だが、左耳まで振るのでは無く、頭の真上を目指して振る
③スイングが途中で止まることがあるので、振り終わりは肘が肩の位置まで上がるように肩支点で振る

 前へ進む力を上へ向かう力に変換する=弾く力を回転に変える
 その為にはブレードに当てずにラバーの表面で擦るようにする

 多球練習では上手く出来るようになったが、サーブから始めるとできないので次はこのことを質問
①球が来る場所まで移動していないので、ちゃんと移動する
②不安定な体勢であればあるほど上に振ることを心がける

 意識としてはフリックと同じで、前に打ち出すのでは無く、ネットを越える山を作ることを心がける。


 この基本が出来た上で、スピードなり威力を出す練習をすれば良いのだと思われる


 BlogPaint