「しろーとさん」から、ドライブを打つときの手首とラケットの位置関係について教わったので忘れないうちに書いておく。体はなかなか覚えてくれないので頭で覚えなくてはならない。
 記憶を頼りに書いているので、間違っているとしたら私の記憶間違いが原因である。

  他にも肘から先だけで振っているとか、もっと膝を曲げて腰を落とすとか、打点が早すぎるとか、その辺は分かっていても今のところ出来ていない部分なので今回は割愛。足がついて行っていないとかも同じ。

 私は打球するときラケットのヘッドが立ってしまっていて、回転もかからず角に当たったりしてしまうとのこと。
 BlogPaint


















 手首に力を入れなければ自然とヘッドは下がるはず。力を入れすぎているのでラケットが立ってしまう。
 ラケット 指 手首 腕が一体となるイメージ。
 打球までその状態で、振り終わりの時ラケットが立ち、そのままニュートラル状態へ。その時またヘッドは自然に下がるはず。
 
 打ち終わった後ラケットは顔の正面少し左前にきて、肘が顔の前にくるくらい。顔の左横までいってしまうのはやり過ぎ。
 おもっているよりラケットは前方で、肘は上にくる。

 たしかにそのように打っているときは、今までとは違う感覚で安定している気がする。
 2、3回続くと段々元に戻ってしまうので、よほど意識が必要。
 それと力を抜けば自然とその角度になるはずだそうだが、私はその角度を出すためには普段使っていない筋肉を使用しているらしく、前腕がぷるぷるしてきた。


 
 バック打ちも教わった。
 手首だけで弾いているので、もっと腕全体を後方から前方に押し出す事が必要。
 そうしないと相手の球に力が無いとき、速い球を打つことが出来ない。
 打つときラケットが相手のバック側を向いているので、意識して正面を向くようにし、体の正面から振り始める。 

 適切なフォームを身につけるためには反復練習が必要で、そのフォームを支えるための体も作らなければいけない。
 やはりどのスポーツも素振りが大事と言うこと。それを正しいフォームで行うことが大事。これがなかなかできない。
 
 教えて頂きありがとうございました。個人レッスンを無料で受けたような充実した時間でした。