ループドライブについて、2種類の打ち方からどちらを選択するか質問された。
 ①肘から先を使って擦り上げる打ち方
 ②肘は曲げたままで、肩甲骨と下半身を使って擦り上げる打ち方
BlogPaint

















 

 私としては②の方を練習していて、しっかり振り切る打ち方を身につけたいことを伝えた。 
 コーチとしては、まだ中学生くらいでこれから本格的に卓球を始めるのなら②が良いが、私のような場合は①の方が簡単で回転量も多く、効果が出やすいので①がお勧めとのことだった。
 試しに①で打ってみたが、確かに簡単で回転量も多いのが分かる。 
 
 それでも②のほうを選ぶのは、いつも縮こまって振り切れないスイングを改良したかったから。それと見た目も②の方が格好いい気がするし。
 
 ②は前の筋肉も後ろの筋肉も必要として、ハードルが高めらしい。
 今こそ日頃ブルワーカーで鍛えた成果を見せるときではないか。

 ちなみに②の方の利点としては
 a.クロスに来るかストレートに来るか予想しにくい
 b.クロスとストレートの打ち分けをしやすい
 ということらしい。

 ああ、でもそういうことか。
 練習が終わった後、腹筋が疲れていたのは。
 なるほどね。