高校と社会人の何年間か、テニススクールに通っていたので卓球よりかはテニスの方がそれっぽく動ける。
 対して卓球は40過ぎてから始めたので、いまだに体の動きがスムーズでは無く、常にドタバタしていて歯がゆいばかりだ。

 本日の練習中も動作の終了時に動きが止まってしまい、次の動作に自然と移れない。
 そうした中で先生と話している内に、スプリットステップのことを思い出した。
 テニスでは必ず教わる動きで、軽く跳ねて動きやすいニュートラルの状態を作り、着地と同時に打球点まで動く動作とスイングを始動する。実際に跳ねなくても跳ねるような動きをするだけでも良い。

 試しに練習中にこれを取り入れてみた。
 テンポ良く続けるといつもと比較してリズミカルに打てる。
 その代わり上体が疎かになり、ドライブ時に擦れず当ててしまうが、いつかは連動して出来る可能性がある(これが大事) 

 問題は、ただでさえ体力が無くすぐに疲れてしまうのに、さらにきつい動きになることだ。
 それでも一筋の光明を見いだした気分で、軽やかに動く自分の姿を妄想するのであった