最新のラバーでもあり、話題のラバーでもあるQ3は、色々レビューをみるにつけ、アルバに合うような気がしていた。
 アルバは軽く打つと弾みが弱く、強く打つと球を掴んで力の乗った球を出せる。
 Q3は弾きの強さとグリップ力があり、自在性も併せ持つ。

 お互い補完し合ってきっと良い組み合わせになるに違いない。

 本日の個人レッスンで2時間使用した感想をメモとして残しておく。

 以前アルバに貼っていたテナジー25FXは、スマッシュのスピードが遅く、これはラバーのせいだと思っていたが、そうではなくてラケットのせいだったようだ。
 軽くパンパン打って弾くような打ち方だとスピードが出ない。
 そのかわりしっかりスイングすると球がラケットに食い付き、安定性と威力が出る。
 
 本日初めてやった練習で、前陣の軽いラリーから始めて、頃合いを見計らって少し距離を取ってドライブを打ち込む練習をしたのが、こういうときこそラケットの特性が発揮されるようで、自分の打った球では無いような威力であった(個人の感想です)
 もっとも先生が少し使ってドライブを打ったらエラいスピードと回転の球が飛んできたので、私程度では本来の性能を発揮できていない事が分かってしまった。
 
 Q3の方はというと、スポンジまでいかずにシートの食い込みのみでドライブを打つ感覚が明確で、上手く打てると打球感でそれと分かる。
 ドライブの回転量はよく分からないが、ループドライブがやりやすかったので今の目的には合っている。

 今のメインのスウェーデンクラシックとリズムPを使い続けるか、アルバとQ3をメインにするのか悩むところだ。
 力不足の私にはもう少し弱い力でも弾むラケットの方が良いのかもしれぬ。
 威力を出そうとすると力を入れなくてはならないのでなんだかとっても疲れるのだ。

 アルバの防御力の高さと安定性は魅力的なんだよなあ