このブログのテーマはいくつかあって、大人になってから卓球を始めた行き場の無い初心者の苦悩であるとか、 体で覚えることが困難で頭で理解しようとするがかえって困難な技術の話とか、上手な人にもっと初心者がどこに躓いているのか知って欲しいなとか色々あるが、共通して底に流れている主題は無限ループから抜け出せない愚かさを楽しむということだ。
 ちなみに何一つ誰かの役に立つことは書いていない。


 自分より上手な人と打つと色々考えさせられる。
 それはまあ技術的なこともあるのだが、主に用具のことだ。

 同じようなレベルの人と練習していると、スピードのある球はママ来るが、あまり回転のかかった球は来ない。
 特にサーブにおいては顕著で、切れた下回転サーブや横回転サーブはまず来ないし、ましてや分かりにくいフォームで回転をよませないサーブなど滅多に見ない。
 そうした環境で練習しているときは、どんなに高性能な用具でも扱うことが出来る。
 回転の影響など考えなくても良いので、粘着だろうが上級者向けテンションだろうがなんでもござれだ。
 びしびし回転をかけてバシバシ打っていればそれは楽しい。というかそれが楽しい。
 
 ところが上手な人と打つと、まともに返球することが出来ない。
 中途半端に打つと明後日の方向に飛んで行くし、やけになって強打してもネットに一直線である。
 楽しくないのである。
 
 ここで様々な用具のアプローチを試したくなるわけだ。
 
 弾まない用具という選択肢
 フォア面を弾まない粘着ラバーにしてみる。
 これは良い面と悪い面があって、強打をしなくてもストップや長短で点を取れるのと、強打してもオーバーしないので思いっきり打てる点が良い所。
 悪いところは、弱気になって当てるだけになるとネットを越えることすら困難になる点と、大抵硬いのでしっかり打てないととんでもない棒球になる点。
 そして粘着なので回転影響は受けている気がする。

 回転影響の少ないラバーという選択肢
 粒高とか表ソフトとかアンチとかそこまでの話では無い。
 最新のスピン系テンションはグリップ力をうたったラバーばかりで、自分からかける分には良いが回転の影響もしっかりと受けてしまう。
 
 それならどのような用具が良いのだろうか。
 弾まなくて軟らかくて回転のかからないラバー?
 アームストロングのニューアンチスピンみたいなラバーか?
 あの低反発スポンジ搭載ラバーのような。
 両面ニューアンチスピンなのか?
 
 ねえ、それって楽しい?
 
 そうではない気がする。
 きっと誰かに言われるし、実際今まで何度も言われたが、バランスの問題なのだ。
 今の自分の力量を正確に把握できないので、どのあたりでバランスを取るのか分からないから困っているのだ。
 
 私は今一つの希望をスピード系テンションに見いだしている。

 具体的に言えばプラクソンのようなラバーのことだ。
 というか最近プラクソンが気になって仕方が無い。
 ヴェンタススピードだと回転影響で吹っ飛んでしまう球も、プラクソンなら強打で返せるのだ。
 相手のサーブが上手で回転がちっとも分からなくてもプラクソンで強打すれば返せる確率が高い。
 これはもう両面プラクソンで良いのではなかろうか。
 安いし。

 今までプラクソンの打球感が好きでは無かったのだが、冷静に思い返してみると、貼ったラケットとの組み合わせもあったように思う。
 なぜかハードウッド系や特殊素材にばかり貼って、ラケットに引っ張られるようにラバー評価も低かった気がする。
 
 本当にスピード系を見直す時代なのかもしれませんねチャパリータさん。


 というわけで理由付けもしっかり出来たので、恒例のポチッとするかな。