前回の続き。
 試合に出るようになって、負けることもあれば勝つこともあるようになったあなた、そんなあなたのことをなんと呼ぶのが相応しいのだろうか?
 中級者?
 経験者?

 何となく習慣的に経験者と呼ぶことが多い気がする。
 「あの人結構上手いわよねえ」
 「そりゃそうよ、だってあの人経験者だもの」
 などなど。
 
 この場合、大人になるまでの間に卓球部なり卓球サークルに所属していて一通り出来るようになっている事を指している。
 大人になってから始めた人を経験者とは呼ばない。
 大人になってから始めた割には上手い人、とかそんな感じ。

 初級を卒業したら、自分のいるポディション(ポジション)をどう表すべきなのか。

 柔道や空手なら柔道家、空手家。
 卓球なら卓球家........卓球用具専門ネットショップみたいだ。

 うーん、思いつかない。
 意味だけで言えば「レギュラープレーヤー」が近いかな。
 
 その中で強さの強弱があったとしても、相対的なのでカテゴリーとしては捉えられない。
 よく言う全国出場レベル、代表レベル、県大会1回戦レベルなどで良いのかな?

 何か尻つぼみだがいつものことだ。

 良い案があったら教え欲しい。卓球王国編集部に提案するから。いつかきっと。