あいにくの雨だが待ちに待った卓log会の飲み会、ではなくオメガVIIアジア&プロの試打会。

 会場は始めて使用の深川北スポーツセンター
 前回深川スポーツセンターを利用したときに台数が多いからとお勧めされたのだ。 
 木場の駅からグーグルマップを頼りに歩くのだが、目的地に着いたはずなのに入り口がない。
 住宅地と公園の向こうにそれらしき建物が見えるのだが、歩いても歩いても入れない。 
 結局ぐるっと一周回って入り口を発見した。 
 IMG_20180618_173327508_HDR








 先着はリンさん。
 大抵の集まりで一番乗りは30分前集合が習性の私かリンさんなのだ。 
  
 18:00の開始に合わせて二人で練習開始。
 私はカブリオレFで、リンさんは劉詩文。
 どちらにもオメガVIIアジアとプロが貼ってある。
 そうこうしているうちに立野Bさんが登場。

 そういえば今回初参加の「かんたん卓球チャンネルさん」がどんな人か誰も知らないなと話していたら、それらしき人が現れたので三人で挨拶をして「かんたん卓球チャンネルさん(仮)」と立野Bさんで練習開始。
 しばらくしたら見慣れない男性が現れ、不審に思って見ていると「かんたん卓球チャンネルです、よろしくお願いします」といった挨拶をされて皆で驚く。
 さっき挨拶した「かんたん卓球チャンネルさん(仮)」は一体誰だったのでしょう?

 18:30くらいになると卓球王国のゆうさんが現れ、本格的に試打を開始。
 ゆうさんは以前動画の中でちょこっと話していたXIOMのオメガツアー中ペンにオメガを貼っていた。
 
 SHUNさん、ナルコさん、しろーとさん、一番最後につじまるさんが参加し、総勢9人でラケットをとっかえひっかえして、最後は予想通りなんだかよく分からないが賑やで楽しげな練習風景に。
 
 皆が持ち込んだラケットの中で一番扱いにくそうだったのが我がカブリオレだったが、唯一フォア表のナルコさんだけは気に入って頂けたようだ。横で見ていてもカンカン連打していて気持ち良さげであった。

 途中でゆうさんに粘着ラバーの打ち方を教わってすぐに挫折したり、かんたん卓球チャンネルさんにフリーハンドの使い方が上手だと褒められて嬉しくなったり、SHUNさんのインナーフォースを借りたら打球感が良くて欲しくなったり、肝心のオメガ試打は早々に諦めて色々な用具を試している内に20:30に。
 本日のメインはこの後の飲み会なので心を鬼にしてしろーと会長に終了を進言。
 
 スポーツセンターを後にして木場駅そばの店で打ち上げ。
 前回に続いてしろーと会長の乾杯の音頭で飲み会開始。
 汗をかきまくった後のビールの旨いこと。いつもよりハイピッチで飲んでしまった。

 今回はゆうさんの側は誰かに譲ろうと思っていたのだが、また隣の席になってしまい申し訳なく思いながらも色々楽しい話を聞かせて貰った。
 残念ながら話のほとんどが口外禁止ばかりでここに書くことが出来ない。
 Tリーグの話、粘着ラバーの話、匂わすこともまずそうな話などなど。
 
 粘着ラバー好きの私とつじまるさんで、粘着ラバーについてあれこれ質問したが、試合で勝つことを考えたら粘着にメリットはないだろうとのこと。ただ私たちのように趣味で楽しむ分には良いのではないでしょうかと温かいお言葉を頂いた。なんだかんだ言いながらゆうさんも粘着ラバーが気になっている雰囲気だった。持ち込んだラケットの内1本には狂飙が貼ってあったしね。
 
 向かいの席はナルコさんだったので、ブログの話や卓球合コンの楽しい話を聞かせて貰い、その隣のしろーと会長は卓球ビジネスについて考えているようであった。

 席が離れていたかんたん卓球チャンネルさんやSHUNさんとは話が出来なかったのが心残りだが、また機会があるに違いない。
 
 本当は終電の1本前で帰るつもりが調子に乗ってギリギリ終電になってしまい、木場の駅が分からず工事現場のおじさんに道を聞いたり、せっかく乗ったのに乗り過ごしてしまったり、結局最寄りの駅まで帰れず最後はタクシーになってしまった。

 今回卓球王国のゆうさんは2回目の参加となり、なんで参加してくれるのかなと疑問に思ったのだが、私たちはメーカーでもなく選手でもなく、ただただ卓球が好きな人間の集まりであり、そういったメンバーが9人も集まってひたすら卓球の話を出来たらそれは楽しいに決まっているかなと。そういった理由なのかなと勝手に推測している。
 
 肝心のオメガVIIアジア&プロの話はほとんどしていないが、後日卓log会公式ブログのほうでまとめて発表されるはずなのでお待ち頂きたい。もっとも私はこういった用具レビュー的なことは無理なので、他のもっと上手な人の感想を参考にした方が良いと思われる。