途中三鷹の駅側の靴屋で、やっすいだっさいEVAサンダルを購入し、水道橋の東京ドームを目指す。
 今回は卓球漫談でお馴染みのナルコさん発案のイベントで、「7月20日にオープンしたばかりのエンジョイ系卓球場、TaKuSuRu でちょいと汗を流してビアガーデンになだれ込もう企画」が正式名称。
 ここでナルコさん、立野Bさんと合流し計4人に。
 TaKuSuRuは東京ドームに隣接した黄色いビルの5階にあり、夕方までは卓球教室、それ以降は一般利用のスタイルで、写真を見る限りおしゃれでカジュアルな卓球場のようだ。
 IMG_20180730_180740164_HDR







 外観はこんなで
IMG_20180730_181851349








 入り口はこんな

 すでに2組入っていたようで、のぞいてみたら若い男女のグループがわいわい楽しくピンポンをしている。
 
 想像していたより遥かに狭く、薄暗い。
 卓球台はさすがに立派で、壁際のディスプレイはおしゃれで雰囲気もある。
 IMG_20180730_182404113IMG_20180730_182821653








 ん?何か奥の方にある・・・・
IMG_20180730_182859752















 試打ラケット?
 どうせ初心者向けの安いラケットでしょ。
 と思いきや
 IMG_20180730_182940377








 剛力をはじめ、アコースティックシリーズ、トルネードキング、単板ラケット、初中級者向けのファクティブカーボン、ラージ用など数々のラケット。貼ってあるラバーもG1や狂飙など本格的に試打して欲しい気持ちが伝わってくる。
 このことをメンバーに伝えるとウオーとか、良く分からない叫び声を上げて群がってきた。
 持ち込んだラケットはそっちのけでしばらくは試打大会。
 印象的だったのは剛力。
 球が吸い付くような独特の感覚で、ミスをする気がしない。
 こういうラケットだったんだねえ。

 一通り試して平常心を取り戻し、残り30分くらいは相手を入れ替えながら練習。
 ナルコさんとまともに打つのは久し振りで、だいぶ手加減して貰いながら楽しく練習。
 その後はダブルスをちょろっとして、私の入った組は全敗という申し訳ない実績を残して1時間はあっという間に終了。
 ナルコさんはあの狭いスペースを華麗に飛び回り、フェンスにぶつかるのではと心配になるほどだった。
 いつかあんな風に動きたいものだが、これから衰えていくばかりであろう・・

 TaKuSuRuは価格が高いのでおいそれとは利用できない。
 が、豪華な試打ラケットはそれだけで価値がある。
 ここをもっとPRしても良いのかも。
 一応書いておくが、試打ラケットコーナーには防犯カメラがセットしてあり、受付で監視中なのでおかしな事は考えない方が良い。

 そして最終phaseに。