少しでもコースがズレていると上手く打ち返せない。
 腕だけ伸ばしたり、足を動かすにしても、おっとっととなって大抵間に合わず、見た目もかっこ悪い。 
 何で卓球だとこうなんだろう。
 
 本日練習前に時間があったので、久し振りにサッカーボールを引っ張り出して軽く蹴ったり、リフティングしたりしながら考えた。
 サッカーなら意識などしなくてもボールの来る位置に動いて適切なフォームで蹴ることが出来る。
 いちいちフリーハンドがどうとか上体のひねりがどうとか考えなくても、自由自在にボールを操る事が出来る。左足を先に動かしてボールが来る位置を予測して踏み込み、下半身を沈めながら右足を後ろに引き、腕は足とは反対方向に振りながらその反動を利用して蹴る、なんて意識したことも無い。
 決して上手なわけでは無いが、いわゆる経験者っぽい動きになっている。

 テニスも同じ。
 ボールが飛んでくる方向、距離を予測しながら右足を踏み出し、次に左足を出してラケットを構えたまま落下地点まで走り、ノーバウンドで打つかワンバウンドで打つか相手を見ながら判断して、ボールまで到達する直前でラケットを引き、フリーハンドでボールをリードしながら右肩をいれて、左腕を捻って、そのねじれを解くのと右足から左足への重心移動と腰の回転を連動してラケットからボールに力を伝えてインパクトの瞬間だけグリップを強く握り、フォロースルーは頭左上にくるようにして、そのままの動きでノーマルポジションに戻す、とか考えたことは無い。

 卓球で出来ていないことは、体全体の動きと、ラケットを持つ腕との連動がちぐはぐで、まるで別のように考えているからかもしれない。
 なぜそうなるかというと、スイングに気を取られていて、足の動きを意識すると振り遅れてしまうからだ。
 そこで何故振り遅れるのか考えて見た。
 何となく感じていたのだが、テイクバックが大きすぎるのが原因ではないだろうか。
 ボールが飛んでくるのに合わせてラケットを引いているので、遅い球であればあるほどテイクバックが大きくなり、動いてから打つと間に合わなくなる。

 本日の練習では、まずボールが来る地点を予測して、その場所まで動くことを最優先とした。
 スイングに関してはテイクバックを腰骨の辺りまでと意識する事により最小限に抑え、インパクトしてからスイングするくらいのイメージ。
 そうすることにより、いつもよりスムーズに動けるような気がした。
 
 まず動くことが大事で、スイングは練習で培った感覚が大事。
 打球はフォームより何より感覚が大事なので、そこはさすがに練習が必要。
 
 本日掴んだこの感覚を忘れないようにしたいなあ。