食い込ませるドライブを教わったのだが、どうも硬度が硬いラバーより、軟らかくて掴む感じのラバーの方が感覚を覚えるのに良いらしい。
 エアロックMは硬めのラバーであるが、ホールド感のあるラバーなので練習用として良さそうだ。
 バック面のレガリスレッドはカルテットLFCに貼って、一度も使わないままスワットに移植。

 フォア打ちの段階で、練習相手の妻から回転が綺麗で受けやすいと言われる。
 何の過不足のないラバーであり、弱く打てば勢いを殺せて、強く打てば威力のある球が打てる。
 サーブも切りやすいしツッツキが浮くこともない。
 肝心の食い込む感じは残念ながらあまり感ぜず。
 
 バック面のレガリスレッドは、普段使っているヴェガアジアDFと同じようにシートで引っかけようとしても、食い込んでしまってネットに落ちてしまう。これは修正できない私の打ち方が悪いのだと思うが、レガリスレッド向けに新たに感覚を鍛えようとは思えない。

 今のところ継続は無し。