あれこれ節操なく用具を買ったり変えたりしているように見えるかもしれないが、本人は結構本気で用具を固定したいと思っている。
 まだまだフォームも固まっていないし、基本的な技術も未習得なので、そういった物を身につけるために最適なラケットとラバーの組み合わせをさっさと見つけて安心して練習に打ち込みたいのだ。 
 今まで何度かこれだ!と思ったことがあるが、少し上達するとスイングが変わったり、やりたいことも変わってきて、なかなか固定するには至っていない。
 最近になって何となく分かってきたこともあるので、書きながら考えをまとめることにする。

 まずラケットはシェーク 木材 5枚か7枚が良い。
 駄目なのはハードウッド 極端な板薄 グリップが細すぎるもの。
 アルバ スウェーデンクラシック コルベル Virtuoso offensive- ここらあたりか。

 ラバーで駄目なのはスピード系テンション。プラクソンは何回使っても好きになれず、直近で購入したブライスハイスピードもプラクソンと比べれば性能は高いのだろうが、やっぱり好みではない。理由は分からぬ。
 軟らかすぎるのも硬すぎるのも駄目。硬いのはオメガVIIアジアでこりごり。ヴェンタススピードやファスタークG1も硬い。ラクザXやテナジー05は弾みすぎる。
 フォアとバックで好みが違うが、バックも軟らかすぎるのは好きではない。
 レガリスレッドやキョウヒョウ3-50も好みではなかった。
 バックのヴェガアジアDFは良かったので、バックはこれで良いかも。
 粘着ラバーは好きだが、弾みすぎる粘着ラバーは好きではない。WRMの木星 ターゲットブルー 翔龍 ゴールデンタンゴはテンションと変わらず粘着の意味が感じられない。キョウヒョウネオ3もそう。
 粘着ならキョウヒョウ2かキョウヒョウネオ2が好きだが、基本的技術の習得に向いているとは思えない。
 輝龍は軟らかすぎるし、キョウヒョウ8は弾みすぎ。キョウヒョウ8ブルースポンジは良かったがリピートが出来ない。
 Q3を気に入って使っていたが、メーカーの位置づけを見る限り初級者向けとは言えないだろう。
 テナジー25FXは良かったが価格と性能のバランスが悪いというか、もう少し弾んで欲しい。
 テナジー25は良いと思ったが、回転の影響を受けすぎる気がする。
 高弾性ラバーも止めておく。マークVやスレイバーを試したが、打球感や弾道に違和感を感じる。
 ライズはなかなか良いが、卓球教室の練習で離れて打ち合う、というのがあり、全く飛ばずに難儀したのでフォアでは使いたくない。
 そうなるとあまり使っていないがライガンやフライアットスピン辺りが良いのだろうか。
 ヴェンタスベーシックとか初心者向きの最新ラバーは意外と硬くて、躊躇してしまう。
 ヘキサーグリップを少し打たせてもらったところ、とても良い感触だったが、引っ掛かりが良いと言うことは回転影響も受けやすいと言うことか。
 そういえばツッツキやサーブのやりやすさというのもある。
 特にツッツキは卓球教室で必要になることが多いので、これがキュッと出来る物が良い。
 そうすると軟らかすぎる物や弾みすぎる物はやっぱり駄目だ。
 粘着ラバーはツッツキや下回転サーブを低く鋭くできたり、短く出せたりするものもあるが、全ての粘着ラバーに共通する性能ではない。
 ジェネシス2Mは良いと思っていたが結構硬くて食い込ませる感覚を得るのには向いていない気がする。
 それとスポンジの厚さは厚が良い。特厚は駄目だ。ふかふかしていて。
 
 うーん・・
 だらだら書いてみたけれど、そうこうしているうちにもチャレンジ精神というか遊び心が邪魔をする。
 キョウヒョウ2とかテンキョク2とかを銀河7に貼ると良さそうなのだ。

 ①アルバ ヘキサーグリップ ヴェガアジアDF
 ②スウェーデンクラシック ライガン ライズ
 ③Virtuoso offensive- 両面ヘキサーグリップ

 ヘキサーグリップを買う意味あるのかな?
 
 スウェーデンクラシック ロゼナ ヴェガアジアDF
 
 ロゼナを買う意味あるのかな?

 ラバーの使い回しはズレたりすると心のテンションが下がるしなあ。
 
 そういえばマントラSは、自分で回転をかけやすくて良かったっけ。サーブとかツッツキをもっと試しておくべきだった。
 マントラSフォア面は結構好感触だった記憶がある。残念ながら剥がして保管している内に縮んでしまって再利用できないのだ。すでに2枚購入実績があり、また買うのも躊躇う。

 スウェーデンクラシック 水星2ブルースポンジ ライズ

 どこからでてきた水星2ブルースポンジ。
 一枚ストックがあるんだよなあ。
 でも意外と良いかも。
 弾む粘着だから駄目か。

 スウェーデンクラシック フライアットスピン ライズ
 スウェーデンクラシック ライガン フライアットスピン
 Virtuoso offensive- 水星2ブルースポンジ ライズ

 お、何かまとまってきたぞ。
 サイズさえ合えば追加投資無しでいけそうだ。
 
 ドライブのフォームを身につける。はじめちゃん講習会で教わったあの感覚をいつでも再現する。
 下回転をかけやすく、できれば浮いて欲しくない。腕の影響が大きいが。
 バックは弾く要素も欲しいが掴む要素も欲しい。

 何だかこんなラケットを組んだことが数回あるような無いような・・