ようやく取れたユーウェルク卓球場の個人レッスン。
 とにかく人気があるのでかなり早い内に予約を入れないと、個人レッスンを受けられないのだ。 
 私はもちろん関係者ではないのだが、貴重な地元の卓球場であるのと、よくある偉そうな態度でこっちが緊張してしまうコーチと違って、優しく尚かつ的確に教えてくれるコーチの存在によって、どうしても応援したくなってしまうのだ。
 
 今回どうしても身につけたかったのは格好いいフォームで威力のあるドライブを打つこと。
 自分のスイングがかっこ悪くて嫌なので、 なんとかしてイカしたフォームを身につけたいのだ。

 教わったことを忘れないために箇条書き

①バック打ち・・振り終わりを体の前面ではなく半円を描くように回して右側にくるようにする。
そうすることによりフォア側への備えになるのと、回転がかかるようになる。
なるべく肘支点で
②グリップ・・ 被せるようなグリップになっているので、フォアバック真ん中のグリップにする
フォア打ちの時被せる癖があるのでこれで矯正
③振り終わり・・振り終わりを肩口ではなく頭の上を目指す。
肩口だと腰を横に回すことになるのでスイングが前方向になる。
頭の上にすると回転をかける方向に力がかかる
④スプリットステップ
打ち終わった後すぐに次の球を打とうとしないで、一度ニュートラルにもどす。
これをやると次の動作に移るのがとてもやりやすい。
っていうかこのことは何度も教わり、自分でブログに書いているのに忘れている

 
 今回ラケットはスウェーデンクラシックにテナジー25 レガリスレッド。
 コーチも用具が変わっていて、ラケットもラバーもTIBHARで、ラケットがサムソノフの何か。ラバーは両面エボリューションMX-Pだった。 
 
 新しく加入したカットマンのコーチは土日のみらしく今回はお会いできず。