主にバック面のリズムテックの感想。
 リズムテックは卓球王国のレビューを見て欲しくなり、結構前に購入したが使うタイミングを逃してラケットに貼りっぱなしであった。それでも粘着保護シートで保管してあったのでシートの表面は綺麗なままである。

 感想
 
 ラケットが軽い上に独特の打球感で、形状も特殊なためか最初は違和感ばかり。
 慣れてきたら分かったのだが、うたい文句通り安定性があり、強打しても不思議と台に収まる安心感のあるラバーであった。
 バックドライブを強めに打って、通常ならオーバーすると思っても、最後の瞬間小さく落ちて吸い込まれるように台に収まる。ドライブの連打をしても全部そういった打球になったので、これはこういうラバーなのだと思う。
 もう一つの売りであるツッツキは試せなかったが、もう少し使ってみたいと思わせるラバーであった。

 フォア面のレガリスブルーは軽く打っても弾まないラバーで、硬くて弾まないが引っ掛かりはある感じ。
 かといって粘着とは全く違うので、ちょっとどのように打って良いか分からないまま終わってしまった。
 フォア面は他のラバーを試して見ようかな。
 それこそQ4とか。