きつい仕事もこの日のためにある。
 つじまる師匠との練習となれば疲れていようが何だろうがどこでもかけつけるのだ。
 
 毎度毎度のJRの遅延にもめげず、片道2時間もなんのその、武蔵野総合体育館につくころには元気はつらつ体は爺さん気持ちは中学2年生になって、つじまるさんとの挨拶もそこそこに練習を始めるのであった。

 前回卓log会の練習において二人して打ち方の指導を受けたこともあって、3時間の内最初の1時間30分はまじめに練習、残り1時間30分は試打をするという練習内容に、満場一致で決定した。 

 真面目な練習用のラケット、Ultimate2Offensive エアロックM アグリットで、1時間30分打ち続けた。
 内容は先週の個人レッスンでやった、バックのラリー中にランダムフォア打ちなど、フットワークと切り返しの練習をメインに、極々真面目にやりつつ会話も楽しむ実りある時間。
 十分練習した後は、お楽しみの試打会。
 今回は新しい組み合わせはあまりなかったのだが、17枚特殊素材ラケットパリオのC17にフォア面金力度 バック面噂のダーカー クレア1枚と、久し振りの紅双喜301 リズムP ラザンターV42を試した。

 クレアは1枚ラバーだが、最初から普通に打つことが出来て、半粒やよくある1枚とは異なる性能を見せてくれる。メーカーの宣伝ではこの世で一番回転のかけやすい表ラバー(記憶違いかも)だそうで、少し離れて連続してドライブを打っても安定して入れることが出来る。これは使いこなせば武器になりそうだ。

 リズムPとラザンターV42は、これぞ最新ラバーという感じで、引っ掛かりがよくスピードも出る。ラケットも弾むので打っていて楽しい。それに比べるとエアロックMとアグリットは一昔前の打球感だ。
 
 うかつにも持ち込んだバトル2は使わずじまいで、ワルドナーoffに貼ったQ4も軽く触った程度。
 それでも色々試せて楽しい時間であった。

 3時間ぎりぎりまで練習したらお腹も空くしのども渇くしで、お楽しみの昼食タイム。
 今回はつじまるさんの職場近くのお勧め喫茶店、カヤシマでビールとカツカレーを食した。
 お勧めだけあってトンカツもカレーも美味しくて、店も学生時代に通った喫茶店のような雰囲気で居心地良く、ぜひ次回もここで食べたいものだ。というか吉祥寺は学生時代毎日通学した場所なので懐かしいのは当たり前なのだが。カヤシマで唯一残念なのはビールジョッキが小さい事ぐらいで、それも次は中では無く大にすれば良いのだ。
 
 今回かなりの時間練習動画を撮ったので良い記録となった。客観的に見ても楽しそうである。これは練習相手のつじまるさんの人柄に依るところが大きく、いつも相手をしてもらってありがたいことである。またお願いします。

 つじまるさんと別れて大宮で待ち合わた単さんと会った話は前回したのでこれで終わり。