本題に入る前にいくつかの報告をしよう。 
 中ペンのBURNのフォア面にSWORDのNANOを貼ってぱっとしなかったので、ΩVヨーロを貼ったらとてもしっくりした。ちょっとサイズが合わないのが難点だが誰に見せるわけでもないのでよいだろう。Ωもずっとバックで使っていてイマイチぴんとこなかったので剥がしたままだったが、これで日の目を見ることになるだろう。
 板厚のナルカスのフォア面にずっとNEO狂飈2 を貼っていたのだが、先人の言うとおり板厚のラケットに粘着ラバーは合わないことがはっきりした。すぐに飛んでいてしまうので粘着の意味がないのだ。

 さて本題である。
 ちょっと上手くなったような気がしていたので、久し振りに練習している自分を録画して驚いた。
 頭の中で思い描いていた自分のフォームとあまりにもかけ離れていたからだ。
 フォアのラリーをしているだけなのだが、打ち終わった後振り抜かずに手首を被せてまるでネットに向かって打っているかのようなフォームなのだ。
 冷静に見てみると確かにネットが多い。こんな人とラリーしても楽しく無いだろうと思わせる打ち方なのだ。
 ちょっとショックを受けたが、課題は明白なだ。すぐに修正できるだろうと、次の休みに一人で球出しマシン相手に録画しながら打ち込んでみた。
 ところが何度やってもかっこわるいフォームが修正できない。イメージと現実のギャップが大きすぎる。考えてみたら、素振りとかほとんどやったことない。
 また1からやり直しかと思うとがっかりだが、楽しんでやっているからいいのだ。
 弾みすぎず使い易い、基本練習に最適なラケットとラバーの組み合わせを考えるとしよう。