基本的技術、例えばフォアとバックの切り替え、バックラリーからランダムフォア、フットワーク練習などに適した組み合わせを試す中で、まさかのマークVXSが浮上してきた。
 以前使用したときはあまり弾まないラケットに貼ってどうにもならず止めてしまったが、試しにカルテットLFCのバック面に貼ってみたところ好感触だったので、調子に乗ってフォアバック両面マークVXSで挑戦してみた。
 
 たまたまナルコさんと練習する機会があったので、初めての組み合わせをいきなり上手な人に試すのもどうかなと悩んだが、まあいいかと持ち込んだ。 

 最初にフォア打ちからスタートするのだが、この段階から想定していたよりも弾まず焦る。
 前回フォア打ちに使用したタキファイアドライブの方が弾まないと思っていたが、軟らかい分だけ扱いやすかったのかもしれない。
 弾まない上に扱いにくく、粘着なのに私の打ち方では回転をかけられない。
 これはどうしたことだろう。
 
 バック面も同様で、一生懸命打ってやっとネットを越える感じ。
 そりゃ慣れないとダメなことは分かっているが、もう少し優しくしてくれても・・。

 良かったのはブロック。
 カーボンラケットなのに強打が止まる止まる。
 粒高や一枚ラバーで相手を翻弄する楽しさに似ているかも。
 思い切り打ち込んだ球をしれっと当てるだけで勢いを殺して返球する喜び。
 速い球を予想して半歩下がった相手に対して、ネットギリギリの浅ーい球を返す楽しさ。
 極端に実力差がある相手に対して有効かもしれない。

 次に良かったのはなんちゃってチキータ。
 力を入れずにそっと掬えばチキータっぽい返球が出来る。
 力を入れるとほぼ失敗するが、そこだけ気をつければ下回転を台上で返すことが出来る。
 何だか自分が上手になったかのような錯覚を覚える。
 まあ、スピードも回転も無いヘナチョコ球なので、簡単に返されてしまうのだが。

 フォア面はキツいかなあ。
 バックも防戦一方になるので、そこは楽しいとは言えない。
 使い込めばいぶし銀のプレーができそうだが、もう少し弾んでも良いかなと。
 それとあまり扱いやすいとは言えない。硬いゴムで打っているような感じで、掴む感覚とか引っかかる感覚とか感じない。
 それを期待すること自体が間違いなのかな。