仕事の疲れも何のその、着々と卓球ビル化の進むユーウェルク卓球場へと向かった。
 今までは卓球場があるとは思えない殺風景なビルだったが、 「ユーウェルク卓球場」と大きく表示されるようになったおかげで、知らずに横を通り過ぎる恐れが無くなった。
  
 本日は1時間30分の個人レッスン。
 教えて貰う事は決めてあって、いつもの下回転サーブからのツッツキ打ちドライブに加えて、返ってきた球を打ち込むところまで教えて貰うのだ。
 たいてい3球目を打って安心してしまって、当然のように返球される球を打ち込むことができていない。
 ここをバチンと打って格好良く締めたい。

 上回転で返ってきた球を強くドライブで返す方法

 私の場合は平行足、または右足前になっているようで、どうしても詰まって打っていることが上手に打てない原因とのこと。 
 少し上回転のラリーをしましょうと言われ、教わったとおりに右足を引いて打ってみると、今までとは全く違う感覚で、力も入るし回転もかけやすい。
 こんな簡単なことで改善するなんて、個人レッスンって素晴らしい。

 スイングの修正

 インパクトの瞬間肘から先をパタンと倒す癖があるので、そのままシュッと振り抜くように教わる。
 多分文章を読んでも意味が分からないだろうが。
 これを意識すると回転がかかりやすくなるし、見た目も良くなる。
 素晴らしいことだ。

 この練習を少しやって気がついたのだが、とにかく疲れる。
 3球目攻撃の練習も大変だったが、さらに体力を消耗する。
 何しろ5球目を打つときには力尽きていてまともに打てないのだ。
 ラリーが続けば続くほど私のような体力の落ちたオッサンは不利なのでは無いだろうか。
 テレビで見た倪夏蓮の様にあまり動かない卓球が良いのだろうか、って倪夏蓮は私より遥かに体力も瞬発力もあるじゃん!
 
 とにもかくにも楽しく充実した1時間30分であった。
 一応メモ代わりに動画を残しておく。
 大熊コーチの「良いですね」コールを参考にまとめた。