卓球の残酷なところは、手の届きそうな所に強豪選手がたくさんいて、かつ強さの違いはそのレベルに到達しないと判別できないことかもしれない。
右を見れば全国大会出場経験者、左を見れば強豪高校出身者。
妻が県大会出場者かもしれないしサークルメンバーはかつての県チャンピオンかもしれない。
あまりにも身近なので、もしかしたら勝てるかもと思ってしまう。
あるいはそこに目標を置いてしまう。
人とは違う卓球をすれば、人とは違う用具を使えば、いつかは勝てるかもしれない。
テニスなどとは違ってプレイ領域が狭いために、体力や運動能力が絶対的要因として語られることが少ないのも原因かもしれない。
本当は、現実は、他のスポーツと同様に、反復運動で身につけたフォームや動き、トレーニングを基にした瞬発力や持久力、そういったものが必要なのに、そこはあまりクローズアップされない。

試合に勝ちたい、優勝したい、強い人に勝ちたい。
強く望めば望むほど、辛い現実が待っているだろう。
卓球は弱者が強者に勝てる特別なスポーツでは無いのだ。
積み重ねて積み重ねてようやく勝利に至る普通の競技である。

競技者として卓球に取り組むか、ただ卓球そのものを楽しむのか。
本来別々に語られるべき事が競技者向けに偏っていないか。
卓球を楽しむ人向けの情報が欠落し、競技者向けばかりになっているとしたら、本当に卓球が流行っているとは言えないのでは無いだろうか。

競技以外の卓球の楽しさがもっと認知されて、色々な楽しみ方が提案されるべきではと思う。