先月発足した練習をして美味しく餃子とビールを楽しむ会だが、無事第2回目を開催することが出来た。
 メンバーは今のところ四人で、月曜日の朝から卓球とビールという猛者共を紹介しよう。
 
 ナルコさん 卓球漫談 
 つじまるさん つじまる備忘録。
 リンさん リンの卓球物語
 
 偶然にも卓球ブログを書いている人ばかりだなあ。

 前回同様9時の会場と共に入場して、再び3階までダッシュで駆け上る。
 同じような人が何人かいたが、ごぼう抜きして卓球場へと駆け込む。
 一番乗りだ。
 そして、私以外は一組しかいないかった。
 こういう時、空き台を気にせず悠々と来られる人が羨ましい。

 IMG_20190520_135407430









 
 
 台を確保して安心した私は、急に疲れが出て眠くなってきた。
 
 と思ったらリンさん登場。
 眠気もしゃきっと覚める。

 
 すぐにリンさんとフォア打ち。
 偶然にも今回は2人ともQ5。
 
 1時間ほど2人でわいわいやっているとナルコさんが登場。
 疲れた私は少し休憩を取ることにした。
 
 横でリンさんとナルコさんの打ち合いを見ていると、結構ラリーが続いていて、2人とも上手なものだ。
 
 程なくつじまるさんが登場。
 この時間に来られると言うことは、そうとう急いだのだと思われる。
 いつものようにあれこれラケットを替えながら、練習と言うより試打会に。

 今回初めてアポロ5超極薄を使ったのだが、スポンジが薄くて硬いので、木の板で打っているかのようで、頭のてっぺんまでガンガン響く。
 確かに弾まないが今までの極薄よりは弾むような気がする。
 受けるだけなら簡単だが、自分から攻撃しようと思うと途端に難しくなる。
 

 こうして4人で12時まで目一杯練習をして、さすがに空腹になったところで午前の部は終了。
  
 途中で国際卓球に寄った後、お目当ての中華料理屋へ。
 石庫門という駅前の店で、以前娘と寄ったときは辛いメニューを食べて下が麻痺して肝心の餃子の味が全く分からなかったのだ。
 
 居酒屋のような半個室に案内され、餃子とビールを楽しむ我々。
 卓球の話はもちろんのこと、ブログ書きならではの話や、なんやかんやであっという間に時間が。
 今回一番面白かったのは、ナルコさんが行った床屋さんの話かな。どんな話かは直に聞いてね。

 前回利用した餃子の安亭も、かなり美味しかったが、この石庫門の餃子もとても美味しい。
 ぱりぱりの皮としっかりとした味付けの餡がビールに合う。
 それでいて一皿220円とリーズナブル。
 IMG_20190520_124801343_HDR








 こうして思い出しているだけでまた食べたくなってきた。


 私とつじまるさんは生ビールをおかわりしてすっかり良い気分。
 
 そのままお開き、とはならず、再び新宿スポーツセンターに向かって午後の部スタート。
 つじまるさんは残念ながら参加できず、ナルコさんは別の方と練習予定があったので、午後からの2時間はリンさんとみっちり打ち合う事になった。

 アルコールが入っているが、もともとたいしたことない腕なので影響はほとんど無し。
 細かいこと言わずにひたすらフォアで打ち合うという楽しい練習だ。

 さすがに最後の30分くらいは疲れてお互いヘロヘロだった。

 汗 食欲 アルコール。
 この3題話は素晴らしい。

 また次回もやるよ。