Virtuoso offensive-に貼ったヴェガツアーが予想を超えて良い感じで、バック面のアグリットをロゼナに替えればもっと良いかもと考えたのがモソモソ、いやそもそもの始まり。
 たくつうのクーポンを使ってロゼナを注文し、何故かついでにヴェガツアーを注文している私。
 しかも赤黒逆で、他のラケットに貼れと言わんばかり。
 
 悩みに悩んだ結果は何故か一番だめそうなカブリオレ.F
 カルテットLFC以上に気むずかしいこのアウターカーボンラケットにはいつも泣かされるのだが、今回はもしかしたら扱えるかもよと誘惑してくる。
 早速誘惑に負けて、フォア面ヴェガツアー、バック面ロゼナを貼って妻と練習した。

 軽くフォア打ちしただけですぐに分かる。
 ほとんど手応えが無い内に球がすっ飛んでいくこの感じ。
 回転もかかっているんだかかかっていないんだか。
 これを使いこなすのは一生かかっても無理。
 もっと硬くて弾まないラバーか、もっと柔らかくて扱いやすいラバーの方が良いのかも。
 
 
 バック面のロゼナはよい感じ。
 スピードもあるがありすぎることも無く、しっかり食い込ませて打つことが出来る。
 価格がそこそこ高いだけあって、バック面では総合力的に一番好印象。
 
 ヴェガツアーもロゼナも絶対良いラバーだと確信があるので、次なるラケットに貼るべく速攻で剥がしてしまった。
 今度はアルバで試して見ることにする。