下回転サーブがキレていないと言われて自棄になって貼った極薄ラバー。
 ついでにフォアも粘着にして、もうキレていないとは言わせないぞとキレたあの日の夜。
 意気揚々と持ち込んだ本日の練習、残念ながらキレていないと指摘したおば、ご婦人は欠席だったが・・・
 
 まずは省狂3でのフォア打ち。
 一度ひっつけてから振り抜いたり、ボールの上を水平に捉えて振り下ろしたりすると回転がかかる。
 そのかわり少しでも差し込まれるとまともに打てない。
 打点を落としても打ちやすいイメージだったがそうでも無かった。
 ミート打ちをするとパキンという音と共に、回転がかかっているようなナックルのような、よくわからない球にになる。
 そしてサーブがやりやすい。
 ロングもショートも横上も下も、回転と長短をコントロールしやすい。
 ツッツキも良いしフリックも良い。
 離れて打っても回転で飛ばせる。
 
 バック面の太陽プロ極薄皮付きブルースポンジ(太陽ブルスポ)は本当に久し振り。
 銀河のラバーはソードのラバーより品質が良く、長期間保管していてもシートがきれいで粘着も消えない。丸まってしまうことも無い。
 スポンジが薄いのでツッツキはさすがにやりやすい。
 ただ硬い粘着なら極薄スポンジでは無くても同じくらいやりやすそう。
 困ったのはチャンスボールがバック側に来たとき打てる気がしないこと。
 薄く捉えてドライブをかける余裕があれば打てないことも無いが、スピードを出そうと力んでしまうと失敗してしまう。なので無難にツッツキで返球してしまうことが多かった。

 このラケットが真価を発揮したのはゲーム練習の時。
 サーブで点が取れるのと、フォアの省狂3は弾みすぎずに台に収まるので、とにかく安定する。
 今までならオーバーミスで失点の所を自分の得点に出来るのでこの差は大きい。
 
 バックの太陽ブルスポを他のラバーに替えて再挑戦しようか。