思い立って両面ラウンデルに貼り替えた。
 ラケットはインフォレS。
 つじまるさんに借りて打ったとき、フォアバック両方とも打球感が良かったからだ。
 最新のラバーと異なり、回転に鈍感そうな所も期待した。
 
 そして本日初使用。
 ところが練習内容がまさかのカット打ち。
 先生がカットマンなので、フォア打ちもせずいきなり本番だ。
 カット打ちなど何年ぶりだろうか。
 華麗にドライブを打っている自分の姿を想像して卓球台の前に立つ。
 
 あたらない
 角
 あたらない
 角
 真上に飛ぶ球
 
 緊張のためかまともに打てない。
 最初の一球目から打てないってどういうことだ。
 もはやラバーなど関係ない。
 だってラバーに当たらないから。
 
 ひたすら冷や汗を流しただけで次の人と交代。
 
 順番待ちの合間にイメージトレーニングをする。
 大丈夫、できるはずだ。
 見ていると次のおじさんは軽々と返球している。
 私のようなフルスイングなどせず、軽々と。
 あんな感じにスマートに打ちたいものだ。
 参考にしよう。

 延々順番待ちしてようやく出番。
 とにかく振り切ろうと決めて構えた。
 キレているかキレていないか見ている余裕も無い。
 とにかくフルスイング。
 振り抜くのだ。
 参考にしようとしたおじさんの事など頭から消し飛んだ。
 しっかり待って落ちてきたところを打つように教わったが、以前我ッ鬼ーさんに教わったように(記憶違いかも)上がりっぱなを全力で打つ。
 何とか返球できた。
 下回転だと思うだけで体に力が入りまくるのは治りそうも無い。
 
 ここでやっとラウンデルの感想。
 硬いラバーの様にシートでキュッと持ち上げようとすると難しい。
 それよりも下回転をあまり意識しないで打った方が良い球を打てる。
 ちょっと強く打つと底打ち感もするが、それゆえ収まりが良い利点もある。
 もとめていた性能は満たしていると思われる。

 
 次の練習はツッツキ。
 カットマンの先生のツッツキは、台から離れて打つのでどうにもやりにくい。
 ツッツキでは無く強打をしてしまいそうになる。
 もっとも強打をすると回転倍返しになって返ってくるのだが。
 
 ラウンデルのツッツキは特別やりにくくも無いが、硬いラバーが恋しくなってくる。
 こういうことを繰り返しているからちっとも上手くならないのだ。
 
 正直に言おう。
 ちょっと今ラウンデルから気持ちが離れている。
 その日の練習内容、練習相手、自分の調子次第で感想は変わる。
 もし本日の練習が、基本的なフォア打ちバック打ちやドライブ、ブロック、フットワーク練習等だったら、ラウンデル最高!とか書いていた可能性が高い。
 次回もう一度試す。

 そんでもってこんな記事を読んだので、カット打ちに再挑戦する。
 
 以上。