短期集中卓球教室へ行ってきた。
 台の数だけ先生がいるという大変豪華な教室で、市の卓球協会に感謝したい。
 
  3から4人の生徒に対して一人の先生が付き、自分のやりたい練習を出来る。
 とは言っても短い時間なので、フォア打ち、バック打ち、ツッツキ、時間が有ればプラスアルファの練習。
 
 最初のグループでは対下回転ドライブまで進んだ。
 強く打つ自信が無かったので、全てループで返して、浮いた5球目を7割くらいの強打で打った。
 先生が上手なのでラリーも続くし、褒められて良い気分にもなった。
 調子に乗って一緒のグループの女性に
 「何年くらいやっているんですか? ほう、2年目。まだまだこれからですね(実は私も初級者ですけど)」
 などと偉そうなことを口走ったりもした。

 後半は異なる先生の台へ付けと指示があったので、適当なグループに潜り込んだ。
 後から考えたら初心者向けの場所だったのかもしれない。
 バック打ちを2回くらいやったあと、先生から追い出されて男性コーチのグループに放り込まれた。
 
 さすがに男性のコーチの球は速くて重い。
 こちらも手加減せず打てるのが楽しい。
 バック対バックなど、いくら上手くても実戦はからっきしダメなのだが、そんなことは誰も知らない。
 周りの生徒や先生に褒められて、普段は低い鼻がトムクルーズ位には高くなった。
 
 もしかしたら初級者初心者の方々から見たら、経験者っぽく見えたのかもしれない。
 もちろん先生方から見たら初級者なのは明かだが。

 初心者、初級者よりは上手になりたい。
 卓球を始めるに当たって考えていた目標には、ほぼ到達してしまったようだ。
 我ながら低い目標だなあ