実に4ヶ月ぶりとなったユーウェルク卓球場個人レッスン。
 コロナウィルスが原因で卓球自体2週間ぶりだ。
 聞けば普段は空いていることの多い貸し台も、今はフル回転だそうで、どうりですんなり取れない訳だ。
 コーチも終始マスクをしていて、仕事とは言え大変なことだと思う。

 今回はひたすら前陣フォアドライブを教わった。
 安定してきたバックに比べてフォアは未だに自信が無い。
 一球目は何とか打てても返ってきた球を打つと詰まってしまう。
 そのことをコーチに伝えて練習開始。
 
 以下教わったこと

 ①打点が高い場合は手首を巻かずに開いてシュートドライブっぽく打つ

 低い打点の時や離れて打つ時は巻いて打っても良いが、近い場合はシュートっぽく打つと安定して連打できる。
 そういえばずっと前にWRMのやっすんの動画で見たような気もする。
 


 ②短く浮いた球を打つときは左足を踏み込んで打つ 

 ロングサーブで相手の返球が浮いてきた場合にチャンスボールだと思って打つと必ずミスする。
 短い球が来たら左足を踏み込み重心を乗せて、素早くスイングして弾くとスマッシュになって上手く打てる。
 この時振り下ろすと球がホップするので、打ち下ろすスイングにならないように注意。
 肘を伸ばしすぎてもダメなので脇は締めて回転をかけるイメージ。
 長い球なら右足に重心を乗せて普通に打てば良い。
 下回転でも上回転でもスイングスピードを速くして弾くと同じように打てる。
 どちらにしても動き出しが早すぎると詰まってしまうので、一呼吸開けるのが大事。
 そいうえばよく相手にこれをやられる。

 今回は1時間だけだったのでとにかく対上回転のドライブばかり練習した。
 開いて打つドライブをとっさに出来るようにしたいのだが、身につくまで時間がかかりそうだ。
 

 今回使用したのはスワットにヘキサーグリップ マントラS だったのだが、万能タイプの扱いやすい組み合わせで、技術を身につけるのに向いている気がする。
 途中でアルバ DNAproHも打ったが、スピードがかなり速く、まずはスワットの方で練習する事を進められた。スワットでも弾みすぎで、もっと弾まない柔らかいラケットの方が良いとコーチは思っているようである。そうなるとスウェーデンクラシックあたりかな。
 

 練習終了後は階下のショップでコーチとラバーの話をした。
 こぢんまりとした店内だがよく考えられた品揃えで、必要な物は大抵売っている。
 丁度決算セールで店頭価格からさらに10%引きをやっていた。
 本当は大会などでチラシを配りたかったそうだが、大会自体が中止になってそれも出来なかったとのこと。
 スーパーヴェンタスやロゼナを狙ったが、欲しい色と厚さが無かったので、今まで一度も使ったことの無いラバーを購入した。
 何のラバーを買ったのか、それはまた次の機会へ。