本日は家の卓球台でマシンを使って練習。
 このマシンが食わせ物で、ワンコースしか出ないはずなのに勝手にバックに振ってきたり、
 ネットとオーバーを繰り返したりと機械とは思えない人間くさい動きをする。
 機械相手だと力が入ってホームラン競争のようになるのであまり練習にならないのかもしれない。
 その後短い下回転サーブの練習。相手側にバウンドした球が自分側に戻ってくるのが理想。
 最近使用しているバルサプラスディフェンシブ ターゲットアルティマ50という組み合わせ。
 これが非常に下回転がかかる。
  
 妻が帰ってきたので軽くラリーをする。フォアは続くがバックが全く駄目。
 バックに使用していたBreakProWRM特注42度 は自分の打ち方では相変わらず弾まない。

 やはり物足りないので公園の卓球場で1時間練習。
 肩甲骨打法と楕円打法を意識しながらフォアのラリー。自分では上手く打てたと思うがどうなのか。
 このときのラケットはカルテットLFCと両面AIROC 
 ところがこの組み合わせでは下回転サーブの回転がかからない。短く出すことは出来るのだが
 回転があまりかかっていない

 
 今までの経験と本日の練習から改めてラケットとラバーの組み合わせについて考えた。
 まず粘着ラバーをバックに使うのは難しい。弾まないラケットだと本当に飛ばないし、弾むラケットに
 粘着というのも合わない気がする。
 次に、弾むラケットと弾みすぎないラバーは良い組み合わせだと思っていたが、勢いを殺して回転をかける時にラケットの弾みが出てしまい上手く制御できない。

 では初級者にはどのような組み合わせが良いのか。
 現時点での考えでは、弾まないラケットにグリップ力も弾性もあるラバー(粘着以外)だ。
 弾まないラケットに弾まないラバーは一見良さそうだが、粘着ラバーで打ったときのことを思い出すとあまりお勧めできない。
 そして大人卓球初心者としては入門用の安いラインのラケットより、オールラウンドラケットでデザイン的に高級感のあるラケットを購入することをお勧めする。その方が大事に使うだろうし、腕が上がってきたらラバーのランクを上げて対応すれば良い。
 STIGAのオールラウンドエボリューションやオールラウンドクラシック YASAKAのスウェーデンエキストラなどはグリップもかっこよいので良さげである。
 しろのたつみさんもブログで書いていたスウェーデンエキストラのグリップは、本当に魅力的だ。

 ということでYASAKAのスウェーデンクラシック スウェーデンエキストラで迷ったあげくスウェーデンクラシックを注文してしまった・・・