テナジーはオートで回転がかかるらしい。
 回転をかけたくなくてもかかってしまう、などと言うから凄い性能だ。
 私は残念ながらテナジーを使っても
 「ああオートだなあ」 
 と感じたことはない。
 が、みんなそう言っているからきっとそうなのだろう。
 テナジー以外でオートなラバーはあまり聞かない。
 ちょっとオート、多少オート、オート感あり、どっちかというとオート寄り、くらいが関の山。

 逆にマニュアルだと言われるラバーもある。
 勝手に回転かからない、勝手に飛ばない。
 そういうラバーは、体を使って最後まで振り抜かないと、回転もスピードもない棒球になる。
 回転、スピード、弧線、飛距離、全部自分でコントロールできる、またはしなくてはならない。
 これだとマニュアルにメリットが無さそうに感じる。

 ところが「マニュアル」に引き寄せられる瞬間がある。
 たいてい自分より上手な人と練習して、思うように打てないときだ。
 上手く打てないのは、ラバーが勝手に反応してしまうから。
 そう考えて、より弾まない、より回転がかからないラバーを試す。
 
 私の紆余曲折卓球ライフの中で、何度も何度もこういう場面に行き当たった。 
 マニュアル性 または自在性 という言葉には魔力がある。
 自分で思うように打てるに違いない、と感じさせる魅力的な言葉。
 足りない技術力を逆の意味で補ってくれそうな期待感。
 これはあながち間違いとは言えない。

 ただここには落とし穴があって、速い球 回転のかかった球 を打つためには、精一杯スイングスピードを上げたり、万全の体勢で体全体の力を使って打ったりしなくてはならない。
 マニュアルだから。
 ちょっとでも体勢が崩れたり、間に合わなかったりすると、かなりガッカリな球になる。
 ましてや強打の連打など、疲れて疲れて嫌になる。
 
 上手な人はマニュアル性の高いラバーを使って相手を翻弄して楽しんで。
 そうでも無い人は、「マニュアル性」より、もっと他の基準でラバーを選んだ方が幸せかも。