TwitterやらブログやらYouTubeを見ていると、実に様々な情報に溢れている。
 比較的マイナーなジャンルである卓球ですら、アブクのように新しいトレンドや話題が生まれている。
 そういう情報に踊らされて右往左往していると、いつまでたっても上達が見込めないどころか、なけなしの小遣いが全て卓球に吸い込まれる事態となる。

 例えば6/23にWRMサブチャンネルにおいて公開された動画。
 

 日ペンのコルクを剥がす、ただそれだけの動画だが、この中でチャパリータさんが言った言葉、「定期的に単板(ペン)が使いたくなる」「単板は凄い(もちろん色々な意味が含まれている)」
 こういう言葉を聞くと、無性に単板ペンが欲しくなり、ネットでお買い得商品を探し始める。
 そしてそういえば自分も単板ペンを持っていたなと思い出し、封印された遺物をゴソゴソと引っ張り出して何のラバーを貼ろうかとか考えたり、球突きやカーテン打ちをし始めるのだ。
 これじゃダメである。
 いまさらペンに時間を割く余裕など無いのだ。

  IMG_20200624_224814998

 


































 そして同じ日、YouTubeの卓球グッズWEBにおいて表ソフトの技術動画が投稿される。
 


 おお、なんだか表ソフトも良さそうだぞ、などと考えていたら敵?の思うツボだ。
 恥ずかしながら表ソフトも何度も何度も挑戦しては、その繊細さにあっという間に挫折してきたのだ。
 表ソフトに慣れてしまった人が試合に勝つために使い続けるようなもので、裏ソフトから表ソフトに転向するなどナンセンスなのだ。
 こういう情報に踊らされてはイカンのである。
 頭では分かっているのに、保管箱からモリストSPを引きずり出しているこの手は何なのか。
 気がつけばイソイソと卓球王国の表ソフト特集を再読し、のりすけさんをラケットに塗りたくっている。
 IMG_20200624_225019205




























 卓球に使える時間には限りが有る。
 その限りある時間を有効に使うことが上達への早道であり、ネットの情報に踊らされて金と物と時間を浪費するようなことは、まあ、楽しければいいんじゃないかな