数%の割合で存在する比較的時間をかけて書いた記事たちは思い入れがあるのでたまに自分で読み返したりしてます。