以前バルサプラスディフェンシブで弾まないラケットの良さがわかった話は書いた。
 考えてみると手持ちのラケットの中にオールラウンド用ラケットがない。
 初級者から中級者まで使えるコントロールに優れたラケットというあれだ。
 とんがった性能に憧れて購入したけれど持て余している高性能ラバーを使うためにぴったりなのでは。
 もはや何が目的なのか解らなくなってきているが、まあいいだろう。
 いわゆる初級者用ラケットはセクションを持っているが、所有する楽しみはゼロのラケットなので、そのあたりも考慮してこちらを購入した。スウェーデン製という言葉に惹かれてしまったのは内緒だ。
 パッケージは卓球のラケットらしからぬスウェーデンのイメージを前面に押し出したパッケージで正直あまりかっこうよくはない。
 ちなみにオンライン卓球ショップのたくつうで購入。いつも30%引きで今のところ送料無料なので一番安い。軽いのを希望したところ83gだったので軽くもないし重くもない個体といったところか。
 
・・・感想・・・
 感想を書けるほど使っていないが、なぜか最初は全く使えなかった。
 使ったラバーが粘着ラバーのNEO狂飈3 だったためかもしれないが、制御できず戸惑ってしまった。
 今まで狂飈は色々なラケットで試しては駄目の繰り返しだったが、このような感覚は初めてだ。
 硬くて飛ばないイメージの狂飈が普通の裏ソフトラバーのように扱えるのだが、 どうにもコントロールが定まらず、鉄板のカルテット+AIROCに持ち替えてしまった。
 打球感も初めての感覚で、表面の板ではなく芯の部分で打つ感じ。
 もしかしたらこれが普通なのかもしれない。
 同じ5枚合板でもエバンホルツとは全く違う。(当たり前か)

 練習の最後にもう一度使ってみたら、今度は普通に軽めのラリーができた。
 強いドライブ回転をかけやすいような気がしたので、もう一度試してみようかと思う。
 スウェーデンパッケージスウェーデン3スウェーデン2