こんばんは、いつも記事の更新を楽しみにしています。

今回のテーマは私も気になっていたのでコメントいたしました。

私は高校からテニスを始めて社会人になっても続けていました。

テニスはそこそこできますが、卓球はなかなか上手にならない、という立ち位置です。
なのでテニスの感覚を卓球に活かそうと色々考えたり試みたりしてきました。
 

テニスのフォア打ちは確かに右足体重をのせる→スイング→インパクト→左足へ になります。

最後の左足は重心と言うよりいわゆる壁というもので、この左足の壁が無いと力が逃げてしまいます。

野球のバッティングやゴルフも同じですよね。 

卓球のフォアドライブも左足の壁が無いと伸び上がるようなフォロースイングになって、見た目からして力が抜けているように感じます。
卓球教室の先生が娘にフォアドライブを教えているのを横で聞いていたのですが、その先生も左足の壁の話をしていました。
 

私は残念ながらテニスのように打とうと思っても、卓球のラケットを握ると力の入れどころが不明確な弱々しいスイングになってしまって、もどかしい気分になります。

練習の時ラケットをテニスのように持って後陣から打つと、良い感じに打てますが、卓球のスイングに取り入れることが今のところ出来ていません。

なぜテニスのように打てないのだろうかと考えているのですが、もしかしたら球持ちの問題かもしれません。

グリップの長さからくるしなりもありますが、なにより卓球ラケットの板に対してテニスはガットですので、ラケットとボールの接触時間はかなり長いです。

インパクトしてからフォロースイングまでの間にあれこれできるテニスと、できない卓球。

卓球でテニスのように壁を意識して打つには、テニスよりも難しいのかもしれません。

もう一つはラケットの反発力。

卓球のラケットは当てるだけでもそれなりに弾みますが、テニスは当てただけでは弾みません。

コートの大きさ、ボールの重さ、が大きく異なるので当たり前です。

テニスと比べると前へ送る力がそれほど大きくなくても弾むのが卓球。

テニスは卓球より前進方向への力が必要で、そのためにきっちり後ろから前への重心移動を行います。
卓球で同じように打つとしたらスマッシュでしょうか。
 


何を言っているのか分からなくなってきたのでコメントに投稿するのはやめて自分のブログに書きました。

それと考えて見たらテニスをしていたのは10年以上前の話で、今ではラケットの素材も変わり、打ち方もずいぶん変わったらしいので、知ったかぶりもほどほどにしようと思いました。